西日本を襲った記録的な豪雨の被害者はさらに拡大し、毎日新聞の11日午後10時現在のまとめでは、死者は13府県で176人になった。この日、岡山、広島、佐賀の3県で計17人の死亡が確認されたが、不明者は依然として61人に上る。連日30度を超える暑さの中、自衛隊や消防の懸命な救助、捜索活動が続いている。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら

乾いた土砂に覆われた住宅地で捜索をする警察官ら=広島県坂町で2018年7月11日午前9時15分、本社ヘリから小出洋平撮影