フリーアナウンサーの高橋真麻が生ツバものの胸見えショットを公開し、男性ファンから喜びの声が上がっている。

 7月8日のブログで公開された写真がそれで、真麻は実に、大胆な衣装を着ているのだ。胸のふくらみの上部のあたりに横に切れ目が入った服で、パックリと大きく開いている。そのため胸の渓谷がバッチリ見えているのだ。以前の真麻は胸の大きさがよくわかる服を着た写真を公開していたが最近はごぶさた。久しぶりのサービスショットとなった。

「真麻は6月ごろから激ヤセしたことを告白しており、同時に胸が小さくなったことも明かしています。最近、胸見せショットを公開しなかったのは、小さくなったからだとも考えられていたんです。となれば今回、急にバストショットを披露したのは胸の大きさが元に戻ったと考えてよさそうですね」(週刊誌記者)

 写真に加えて意味深な発言をしたことも注目を集めた。真麻はうなぎを食べたことを明かし、さらに〈何故か最近、鰻が食べたくて食べたくて…どうしたんだろ??〉などと綴っている。

「うなぎはご存知のように栄養満点の食物です。それが食べたくてたまらないということは妊娠なのではないかと勘ぐる人たちが続出しました。もっと単純に『黒くて長いニョロニョロしたものがほしいのではないか』という人もいます(笑)」(前出・週刊誌記者)

 もっとも、高橋真麻のことだけに単に食い意地が張っているだけとも考えられるが…。

アサ芸プラス