香港にはワクワクがあります。ワクワクするものは美味しい、楽しい、面白い。香港には、そのすべてのワクワクがあるのです。特に夏の香港は素晴らしく、まさに絶好のフォトジェニックな夏がそこにあります。

今回は、夏の香港だからこその「より楽しいスポット」を、フォトジェニックなシーンだけを厳選してご紹介したいと思います。

・Oddies Foodiesのエッグワッフルサンデー
香港で昔から人気のエッグワッフル(鶏蛋仔)。見た目はベビーカステラに似ていますが、それよりもふわっと軽いのが特徴。その進化版ともいえるのが、このエッグワッフルサンデーです。

エッグワッフルはミシュランにも掲載されたスイーツで、これはそのアレンジスイーツとなります。アイスクリームやナッツなどを入れた容器にエッグワッフルを盛り付ければ、エッグワッフルサンデーの出来上がり。テイストは定番のカスタード味やチョコレート味、そしてシナモンアップルパイ味など、さまざまなものが用意されています。

エッグワッフルのドライでカリカリな食感に、アイスクリームのクリーミィーなコクとディープな甘さがプラスされたエッグワッフルサンデーは、そのどちらの美味しさも堪能できるハイブリッドなスイーツとして人気です。まさに良いとこ取りのスイーツですね!


Oddies Foodies
住所: 45 Gough St, Central Hong Kong
時間: 12:30~22:00
休日: 無休(臨時休業等要確認)


・高級ホテルの絶景プールでサマータイム
香港にはラグジュアリーなホテルがたくさんありますが、Harbour Grand Kowloonのプールには「都会の絶景プール」の称号を与えても良いのではないでしょうか。ちょっと驚きですが、このプール、21階にあるのです。

Harbour Grand Kowloonはビクトリアハーバーに面してそびえ立っているため、ただでさえ景色が良いのですが、そこにあるプールが絶景じゃないはずがありません。

プールからは大きく広がるディープブルーのビクトリアハーバーと、対岸の摩天楼を望むことができます。優雅にプールに浮かびながら、香港の大空を眺めるのも贅沢な「香港時間」の使い方です。

なにより心が躍るのは、プールの側面がガラス壁になっているという点。プールサイドから水中のようすを見ることができます。まさにフォトジェニックなワンシーンを体験できます。




・Harbour Grand Kowloonはお部屋もリッチで涼しげ
Harbour Grand Kowloonはプールだけがラグジュアリーなのではありません。そして、絶景なのもプールだけではありません。お部屋も感動するほど絶景なのです。

このホテルにはハーバービュールームやオーシャンスイートなど、ビクトリア・ハーバーが一望できるプレミアムなお部屋が用意されています。実際に見てみましたが、大きな窓から望むビクトリア・ハーバーは圧巻。まるで貴族が住むお城のようなバスルームからも絶景を楽しむことができるので、まさに贅沢の極み。

こんなお部屋に泊まったら、香港の旅が一段と楽しくなるのは間違いありません。ちなみに、ホテルの周囲にはショッピングセンターの「Aeon Style Whampoa」や「黄埔新天地」(徳康街)があるので、夏でも涼しくショッピングしながら最寄駅の黃埔站まで移動できますよ。


Harbour Grand Kowloon
住所: 20 Tak Fung Street, Whampoa Garden, Hunghom, Kowloon
最寄駅: 黃埔站
https://kowloon.harbourgrand.com



・夏を感じる街のフルーツ屋さん
夏の香港の散歩は、活気があって疲れを忘れてしまうほど魅力的。なかでも香港の街を歩いていると目にすることが多いフルーツ屋さんは、旅行者であることを忘れ、ついついフルーツをたくさん買いたくなってしまいます。でも調理が必要ではない食材であれば、ホテルで食べることもできます。

香港でよく目にするフルーツといえば、ライチやドラゴンフルーツ。日本でもたまに見かけるフルーツですが、その陳列の仕方が香港仕様で豪快! ドッサリと山盛りにされたライチは、見ているだけでトロピカルな南国気分になります。

また、あまり日本では知られていないキリンフルーツ(麒麟果)も香港の定番。ドラゴンフルーツの親戚のようなフルーツですが色はイエローで、果実も似ているのですが、より甘さが強いのが特徴。試しに買って、夏の暑さで渇いた喉を潤してみてはいかがでしょうか。

色とりどりなフルーツが陳列されている香港のフルーツ屋さんは、まさにフォトジェニック。香港にはたくさんのフルーツ屋さんがありますが、今回は深水埗(シャムスイポー)で複数の店舗を目にしました。豆腐料理で有名な「公和荳品廠 本店」(118 Pei Ho Street, Sham Shui Po Hong Kong)の数件隣にもありましたよ。撮ったり買ったりしたい方は行ってみる価値があるかもしれません。


・シンフォニー オブ ライツ
香港のビクトリアハーバーを彩るのは、香港島のビル群から放たれる光と音のライトショー「シンフォニー・オブ・ライツ」。毎晩20:00になると、ビクトリアハーバー沿いの摩天楼から放たれるレーザーとライトの演出が、見る者を魅了します。

実はこの「シンフォニー・オブ・ライツ」、2017年12月1日にリニューアル。いままでも素晴らしく感動的なショーでしたが、香港政府観光局によると「よりダイナミックなライティング効果と美しい音色に合わせたショーへと変貌」したとのこと。

実際に新たに生まれ変わった「シンフォニー・オブ・ライツ」を見ましたが、言葉にはできない「香港に行かないと体験できない極上のショー」になっていました。天空へと走る閃光は、まるでファンタジー世界にいるかのよう。まさに、息を飲む素晴らしさ。フォトジェニックな夏の香港を体験したいなら、このショーを見ない手はないでしょう。

香港文化センター広場(尖沙咀 / チムサーチョイ)やゴールデンバウヒニアスクエア(ワンチャイ)では、「シンフォニー・オブ・ライツ」に合わせて臨場感あふれるダイナミックな音響が流れ、よりショーを楽しむことができますよ。夏の香港で涼しい海風を身に受けつつ、光が織り成す絶景を堪能してみてはいかが?


香港文化センター広場(香港文化中心)
住所: 10 Salisbury Rd, Tsim Sha Tsui, HongKong
時間: 20:00~


もっと詳しく読む: 香港の夏! フォトジェニックな涼しさ体験 / 絶対リピーターになる5つのポイント(Photrip フォトリップ) http://photrip-guide.com/2018/07/11/photogenic-summer-hong-kong/


取材協力: 香港政府観光局 www.DiscoverHongKong.com