情報通のトーレス記者がパスを渡さなかったと“嫌がらせ”を

 フランス代表はロシアワールドカップW杯)準決勝でベルギーを破り、20年ぶりの決勝進出を果たした。悲願のタイトル奪還に向けてチームを牽引するのが、ここまで3得点を挙げている19歳のFWキリアン・ムバッペだ。今季は所属するパリ・サンジェルマンPSG)でも三冠に貢献したが、同僚のブラジル代表FWネイマールから嫌がらせを受けていたという。スペインエルパイス」が報じている。

 最新のレポートによると、昨年8月PSGへ加入したネイマールとムバッペは「ほとんど話さない」とされ、ムバッペの父親ネイマールの態度にショックを受けているという。

 情報通のジャーナリストで、「エルパイス」に執筆しているディエゴトーレス氏は、「世界一高額の選手が今季、ティーンエージャーに嫌がらせをしていた」と述べ、ある試合では前線でパートナーを組んでいたにもかかわらずパスを渡さなかったと明かした。

 また、ブラジル代表DFダニ・アウベスロッカルームで、ムバッペをアニメティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ」に登場する「ドナテロ」に似ていると馬鹿にしたという。


視、アニメキャラクターに似ているなど侮辱

 トーレス氏によれば、ピッチネイマールと話さないこと以外にも、アウベスネイマールがムバッペの才を「ただ足が速いだけ」と過小評価しているとW杯決勝トーナメント1回戦の後には、アウベスSNSに「ドナテロは足が速いだろ?」とのコメントとともに写真を掲載していたという。今季のシーズン中には選手が並ぶ際にネイマールと隣り合わせにならないようにしていたこともあったようだ。

 ムバッペと同選手の父親はこれに大きな憤りを感じており、父親は「息子が侮辱されている」と訴えているとされている。ネイマールレアル・マドリード移籍の噂が浮上しているが、果たして来季もムバッペとネイマールPSGで共闘することになるのだろうか。


Football ZONE web編集部)

パリ・サンジェルマンのムバッペは、同僚のネイマールから嫌がらせを受けていたという【写真:Getty Images】