118年前のチョコレートが、イギリス庭で発見された。

ロンドンに住む年配女性庭の棚から発見されたというそのチョコレートは、1900年にカーイルにあるハドソンスコットアンド・サンズ社によって製造されたもので、ボーア戦争に出兵した兵隊たちに向けた物資の一部だったという。

この女性25年前に記念品店を閉じて以来、自宅の棚で保存していたそうだが、最近になってその缶を見つけ、中にチョコレートが入っていることに気づいたため、オークションにかけることに決めたようだ。

製造元のハドソンスコットアンド・サンズ社は当初、缶にブランド名を掲載していなかったが、ヴィクトリア女王兵士たちにイギリス製のチョコレートであることを知ってもらいたいと希望したことで、後にブランド名が掲載されるようになったという。