第12話のあらすじ


 1980〜1990年代というゲーム業界の青春期」に大奮闘したゲームクリエイターたちの、熱くて、若くて、いきすぎた思い出を田中先生がたずねる『若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜』


 第12回は、決戦プログラマーでありガンダム無双をはじめとした他社とのコラボ作品のプロデューサーである、コーエーテクモゲームス社長沼久史さんをゲストにお迎えしました。

 

 

 1994年、「アクションゲームを作りたい!」という想いで光栄に入社し、希望通りω-Force(オメガフォース)の前身となる「アクションゲーム課」に配属された沼さんでしたが、会社の方針によりやむなくいろいろな開発チームを渡り歩くことになってしまいます……。

 そんな彼の転機は、PS2の登場でした。
 社運を賭けた『決戦』のプログラマーとして抜された沼さんは、『決戦』をPS2ローンタイトルとして成功に導いた後、社内のさまざまな開発チームが持つライブラリを統一することに尽します。


 その後プロデューサーに転身、『無双シリーズ初のコラボタイトルガンダム無双』に開発に着手します。バンダイナムコゲームス(現バンダイナムコエンターテインメント)とサンライズの協を得て、なんとかPS3のローンタイトルとしてリリースすることができましたが、売上本数は決して芳しくはありませんでした。
 「このタイトルコケると、今後のコラボも難しくなる……」
 この窮地を脱するため、シブサワ・コウとともに取った一手とはいったい何だったのでしょうか?──北斗の拳妖怪ウォッチなど、そうそうたるタイトルとのコラボを次々と実現させ、ついには社長に駆け上がった沼さん版”太記”をお届けします。(編集部)

『若ゲのいたり』連載ページはこちら
1962年5月4日大阪府枚方生まれ。近畿大学法学部卒業大学在学中の83年、小池一夫劇画村塾(神戸校)に第一期生として入学。翌84年、『ミスターワード』(『コミック劇画村塾』掲載)で漫画家デビュー。86年開始の『ドクター秩父山』(『コミック劇画村塾』ほかで連載)がアニメ化されるなどの人気を得る。大学卒業後はおもちゃ会社に就職。『週刊少年サンデー』にも不定期で『昆虫物語ピースケの冒険』(8991年)を連載した。パロディに題材とした同人誌も創作。最新刊は2017年1月刊『うつヌケ』(KADOKAWA刊)、『田中一の「ペンと箸」』(小学館)。

 

沼さんプロデュース最新作『進撃の巨人2』が好評発売中!】

 

 

 「進撃の巨人」の世界を忠実に再現したアクションゲーム第2弾! 迫りくる巨人の恐怖を肌で感じながら、中を自由自在に駆け回る“立体機動アクション”で巨人を討伐していこう。
 30と大幅に増えたプレイアブルキャラクター原作キャラクターたちとの交流を楽しめる「日常パート」の導入など、あらゆる要素が強化されている本作は、PS4PS VitaNintendo Switchの3機種で遊べます!

『進撃の巨人2』公式サイトはこちら

プレゼントのお知らせ

 

コーエーテクモゲームス 公式サイトGAMECITY はこちら『若ゲのいたり』連載ページはこちら

【あわせて読みたい】

 

【田中圭一連載:バーチャロン編】「ロボットが主役のゲームは絶対にヒットしない」。亙重郎はどのように社内の反対を乗り越え、業界のジンクスを覆したのか【若ゲのいたり】

 田中先生による人気連載『若ゲのいたり』第9話もあわせてお楽しみください。『電脳戦機バーチャロン』の生みの親・ 重郎さんをゲストにお迎えしました。
 『バーチャファイター』の大ヒットにより、業界のトレンドはポリゴンシフトしていく最中、“ローポリゴンでもロボットならゲームファンを魅了できるはず”としてアクションを起こしたのがさんでした。
 しかし、当時の業界には「ロボット役のアーケードゲームヒットしない」というジンクスまことしやかに囁かれており、企画段階から上層部の大反対が……。