立憲民主党の那谷屋正義参院国対委員長は12日、石井啓一国土交通相がカジノを中核とする統合型リゾート(IR)実施法案の参院審議に連日出席していることに関し「(西日本豪雨の被災者の)命よりもカジノを大事にすると言われてしまうのは国会の名折れだ」と述べ、国会として、国交相が災害対応を優先できる環境を整えるべきだとの考えを示した。国会内で記者団に語った。