始業時間をめて出勤する「出勤」を奨励する会社が増えている。的は、長時間労働の削減と通勤ラッシュの解消。の過ごしやすい時間帯に通勤し、定時よりもい時間に始業する働き方は、社員の負担も少なく効率的に見える。

しかし出勤によって逆に労働時間が増え、社員が疲労してしまうケースも。企業口コミサイト「キャリコネ」には、出勤に関するリアルが寄せられている。【参照元 キャリコネ 早朝出勤】

「休日出勤も当たり前。朝4時の早朝出勤もある」 キツイ早朝出勤の実態

早朝出勤しても勤務時間が伸びるだけ……

「役職がつくと出勤をしたり、深夜遅くまでサービス残業をしたりとハードスケジュールで、精的・体的にも自分には合わないと感じた」(技術関連職、30代後半、男性、正社員、年収360万円)

出勤がキツすぎる。毎日5時に出勤して、退勤は22時均的である」(カウンターセールス、20代前半、男性、正社員、年収200万円)

「典的なトップダウン式で上の意見が絶対。仕事も決して楽ではなく休日出勤も当たり前。出勤(4時とか)も有、帰りづらい雰囲気」(施工管理、30代前半、男性、正社員、年収500万円)

1日17時間におよぶ長時間労働、4時からの勤務など、出勤によってさらにハードワークになっている現状が多く見られた。また、役職がつき責任が増えることで、出勤せざるを得ない立場になってしまう場合も。

本来ならば、通勤も職場も混み合わないの時間帯を有効に使い、集中して業務に取り組むことで、仕事を切り上げることができるはずだ。しかし現実は、ただ労働時間が伸びたただけになってしまっている職場も少なくないようだ。

「タイムカードは切らないので無償」 単なるサービス残業と化した早朝出勤

「残業は19時までと人事から言われていますが、19時までしか残れない=仕事が終わらないとく行くしかないという状況。出勤を多くの社員が行なっており、業務量もかなり多いです」(代理店営業、20代後半、女性、正社員、年収380万円)

から晩までテレアポ地出勤も残業もお金は支払われずただのブラック企業でした」(法人営業、20代前半、女性、正社員、年収270万円)

「とにかく労働時間が多い。の残業は100時間をえる。異常な労働時間の多さに労基の摘が入ると、残業ではなく出勤をするよう示される。もちろんタイムカードは切らないので償」(技術関連職、30代後半、女性、正社員、年収320万円)

さらに口コミでは、償で出勤している悲惨な状況が多く寄せられた。出勤は、"残業を減らせる""生産性が向上する"という理由で推奨されることも多い。しかし残業する代わりにから溜まった仕事をこなしているのが実態のようだ。

社員自身が自的に出勤することもあれば、上からの示で出勤を強制させられてしまう場合も。こうした「やらざるを得ない」勤務でもタイムカードを切ることができず、サービス残業ならぬ「サービス業」になってしまっている。

このような社員にとって厳しい出勤は、現場から環境を変えていくことが難しい。上の命令や部署の暗黙のルールなど、従わざるを得ない空気が出来上がっている。企業側は残業や労働時間を削減するために「時間」だけを見るのではなく、業務量や部署の人数、シフトなど現場の状況を判断し、理のない革を進めていくべきだ。

出勤をサービス残業の代わりにすることはあってはならない。勤務を取り入れるならば、定時よりく帰れるようにルール作りを徹底すべきだろう。また、残業でも出勤でも、本来の労働時間を過した場合、企業は従業員に残業代をきちんと支払うべきである。【参照元 キャリコネ 早朝出勤】