今週のCDアルバム売上レポートから2018年7月9日~7月11日の集計が明らかとなり、JUNHO (From 2PM)『想像』が33,840枚を売り上げて首位を走っている。

 JUNHO (From 2PM)にとって7枚目のミニアルバムとなった本作は、今年1月に発売された前ミニアルバム『Winter Sleep』の初動3日間の売上15,478枚を倍以上上回る33,840枚を売り上げている。

 続いて、miwaの初ベスト『miwa THE BEST』が19,921枚を売り上げ2位。デビュー曲「don’t cry anymore」から最新曲「アップデート」まで、歴代シングルの表題曲と、未発表の新曲など全31曲が収録されている。

 3位は、13,329枚を売り上げた三浦大知『球体』。本作は、Nao’ymtが全曲のプロデュースを担当。三浦大知初のコンセプチュアルアルバムとなっている。4位には、宇多田ヒカル『初恋』がリリース3週目前半も速報TOP5入り。その後を雨宮天の2ndアルバム『The Only BLUE』が追う形となっている。


◎Billboard JAPANアルバムセールス集計速報
(集計期間:2018年7月9日~7月11日)
1位『想像』JUNHO (From 2PM) 33,840枚
2位『miwa THE BEST』miwa 19,921枚
3位『球体』三浦大知 13,329枚
4位『初恋』宇多田ヒカル 12,779枚
5位『The Only BLUE』雨宮天 6,331枚
※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

【先ヨミ】JUNHO (From 2PM)『想像』が33,840枚を売り上げ現在首位 miwaベスト、三浦大知最新作が続く