( pressureUA/iStock/Thinkstock)

11日、米ツイッター社は利用者のフォロワーから偽アカウントを世界で削除すると発表した。

この報道に対し、ツイッター上では「インフルエンサー」や、政党アカウントへの影響に注目が集まっている。

■数千万件のアカウントが削除へ

共同通信」によると、今回の施策の目的はフォロワー数の水増し防止。削除数は数千万件に上る見通しで、削除は12日に始まるという。

なお、気になる削除対象だが、「投稿数が急激に増えるなどした不審なアカウント」が当てはまり、凍結した上でアカウント所有者に利用を継続しているのか確認するという。

■インフルエンサーの水増しがバレる?

そんな施策の影響を大きく受けるかもしれないのが、インフルエンサーと呼ばれる多くのフォロワーを持ち、SNS上で影響力があるとされる人々。

以前からツイッターでは、実際には使用されていないアカウントが多く存在し、それらを安価で販売する業者の存在が指摘されてきたが、もしインフルエンサーがこれを購入していれば、フォロワー数が大きく減少する可能性があるのだ。

・今日からツイッターが偽アカの大量削除を開始すると発表。偽アカを買ってフォロワー水増しをしていた「インフルエンサー」も明らかになりそう

・インフルエンサーやプロブロガーのアカウントが影響を受けそう

・今日からツイッター社が偽フォロワー削除に本格的に乗り出すらしいので、フォロワー水増ししてそうなやつの現時点でのフォロワー数を控えておくと面白い事になりそう

■政党のアカウントにも影響が?

また、各政党のフォロワー数減少を予想する声も相次いでいる。

・一気に化けの皮が剥がれて、面白いことになりそう。金髪のふっくらさんとか 野党第一党とかね

・偽フォロワーってのを見ると立憲民〇党を思い出す

・日本の政党のフォロワーの増減しらべたら面白そうだな

・各政党と企業はこの前後でどの程度フォロワーの加減が有ったか是非公開して貰いたいw

・フォロワー稼ぎの偽垢が消去されるということで政党数個とあおいさんのフォロワー数スクショしといた

■減少率に注目

もっとも、仮にフォロワー数が減ったとしても、必ずしも「業者から購入した」という証明にはならない。営利目的のアカウントに一方的にたくさんフォローされていた…という可能性も十分あるからだ。

だが、仮に周囲と比較して極端に減少率が大きかった場合は、話は別だろう。そういう意味でも、各アカウントの動向に注目だ。

・合わせて読みたい→立憲民主党の公式ツイッター、12万フォローで自民超え 希望の党の30倍に

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美

ツイッターが偽アカの大量削除を開始へ 「政党のウソがバレちゃう」との声も