伊メディアに語る 低迷するセリエAの起爆剤としても期待

 ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、9年間活躍し続けたレアル・マドリードからイタリア・セリエAの強豪ユベントスへ移籍を果たした。これについて、1990年代中盤から2010年代前半にかけてユベントスで一時代を築いたファンタジスタ、元イタリア代表FWアレッサンドロ・デル・ピエロ氏が「素晴らしい」などの喜びのコメントを、衛星放送「スカイ・イタリア」で語っている。

 ユベントスに19年間在籍し、セリエA優勝6回、UEFAチャンピオンズリーグ優勝1回を経験したデル・ピエロ氏は、「ユーベにとっても、イタリアサッカーにとっても素晴らしい。本当に大きなこと。すべての街、イタリアサッカー界が彼の活躍を楽しめるなんてワンダフルだ」と語った。

 また、この移籍がイタリアサッカー界のレベルを引き上げるきっかけになるとの考えも明かし、「彼はどんな角度からでもゴールを決められるし、素晴らしいテクニックを持つ選手だ。経済効果以上に、勝利に対する高い意欲を彼はもたらしてくれると思う。彼のハングリー精神、頂点を目指すやり方が、確かなクオリティーにつながってきたんだ」と、ロナウドのプロとしての姿勢を称賛するとともに、その姿が好影響を与えると語った。

「ユーベは過去の栄光よりも、ディテール、決断力、そして次の成功にフォーカスしてきたクラブだ。常に高い目標を持ってやってきたし、レベルを上げたいとも思ってきた。だから、ロナウドには完全にフィットするよ」と、リーグ7連覇中の古巣のさらなる躍進を期待していた。(Football ZONE web編集部)

ユベントスの英雄デル・ピエロ氏(左)がC・ロナウドの加入を歓迎している【写真:Getty Images】