富士イル株式会社(社長:助野 健児)は、写真を撮る喜び、プリントして飾る楽しさを多くの方に感じていただくため、「“PHOTO IS”想いをつなぐ。50,000人の写真2018」を7月13日から11月11日の期間に、全33会場で順次開催します。まずは、7月13日より富士イル東京本社の「フジイルム スクエア」および東京ミッドタウン東京会場にてスタートいたします。

 「“PHOTO IS”想いをつなぐ。50,000人の写真展」は、2006年に「10,000人の写真展」としてスタートして以来、毎年応募者が増え続けている日本最大級の参加写真展で、応募者全員の作品が“その写真に込められた出展者の想い”とともに展示されます。今年は、同様のコンセプト写真展を欧州アメリカなどの海外でも「FUJIFILM Global Photo Exhibition」として本格的に展開し、「写真を撮る喜び、プリントして飾る楽しさ、写真で残す大切さ」をワールドワイドで発信いたします。
 日本においては、開催13回となる今年、テーマジャンルを問わずに応募できる「一般展示」部門、「なつかしいあの頃」部門、「鉄道のある風景」部門に加え、スマートフォンスマホ)からも気軽に応募できるよう、2部門を新設しました。専用ウェブサイトから画像とコメントアップロードして応募する「お気に入りの1枚」部門と、定のハッシュタグをつけてインスタグラムから応募する「インスタグラム」部門です。

 今年は、0歳から96歳まで幅広い年齢層の方から過去最高となる56,152点 (前年111)もの作品のご応募をいただきました。富士山などの日本を代表する風景写真をはじめ、家族友達との何気ない日常生活を切り取った写真などが数多く寄せられました。スマホからの応募率は全体の約47 %となり、昨年の約31%較し大幅に増加しました。中でも、新設した「インスタグラム」部門で5,602点もの作品をご応募いただき、スマホの普及に伴いSNSの利用率が急速に高まる中、SNS上だけではなく写真展という場を通して、写真にこめた想いを表現したいと考える方も多くいることが分かりました。また、「インスタグラム」部門にご応募いただいた方々が、ご自宅などで写真を飾って楽しめるよう、展示会場(東京/大阪)で応募作品のプリントをプレゼントする企画も実施いたします。

 さらに、今年も昨年に引き続き、本写真展の趣旨に賛同いただいた複数企業・団体との共同企画展を併催します。ご両親からお子さまへの情が伝わる写真ペットらしい姿、食卓を囲む家族笑顔など、素晴らしい写真がたくさん寄せられています。毎年この共同企画を通して初めて写真展に参加される方も多く、「写真を会場で見ると、スマホの画面とは違う大サイズプリントの迫を感じられる」「一緒に会場に行く家族笑顔や感想が楽しみ」など大変好評をいただいています。


 本写真展では、来場者が、共感した作品の出展者へ手書きメッセージを送ることができる「ポスト」を設置しています。出展者が写真に込めた想いを書き添えて展示し、それを見た来場者が出展者に想いを返すという出展者と来場者の写真を通じたコミュニケーションが、新たな“”を生み出します。写真からあふれる想いと、人の想いをつなぐ「写真」を、ぜひ会場でご体感ください。

 富士イルムは、今後も多様化するお客さまのニーズにお応えし、便利で付加価値の高い商品・サービスをご提供するとともに、「撮る、残す、飾る、そして贈る」という写真本来の価値を伝え続けていきます。

【「一般展示」部門】 テーマジャンルを問わず応募された作品
・大伸ばしプリン

・シャッフルプリン

・チェキプリン

【「なつかしいあの頃」部門】 ふるさとの風景や昔熱中していたものなど、懐かしい情がよみがえる作品

【「鉄道のある風景」部門】 鉄道テーマとした作品
              展示会場:鉄道博物館会場(3会場)

【「お気に入りの1枚」部門】
 日常の中でふとした間を撮りためた
 スマホ写真に、メッセージが添えられた作品
 (スマホから直接応募された作品です。)
  展示会場:メイン会場(7会場)

【「インスタグラム」部門】
日本風景」、「」、「いつものこと」の3テーマで、インスタグラムの「50,000人の写真展」公式アカウント投稿して応募いただいた作品。(東京大阪会場で展示)

   テーマ日本風景」      テーマ」          テーマいつものこと
<特別企画
選りすぐりの“心にいた作品”を楽しもう!
(1)「心にいた100選」(メイン7会場・サテライト23会場で展示)
  「一般展示」部門・「なつかしいあの頃」部門の作品の中から、著名人プロ写真10名が選出した合計100
作品の「心にいた作品」を特別展示します。また、著名人プロ写真ご本人の作品も展示します。
 < 著名人>      小山堂さん、佐野史郎さん、野口健さん、広瀬すずさん、松任谷正隆さん
 <写真ディレクター> 織作峰子さん、鍵井靖章さん、近藤さん、沢うるまさん三村さん
                                       (あいうえお順)

(2)「心にいた20選」(メイン7会場・3大鉄博物館会場で展示)
  「鉄道のある風景」部門の作品の中から、鉄道写真 中井精也さんが選出した20作品の「心にいた作品」 を特別展示します。

<共同企画展>
1.アニコム損保険withlistさよならまでにキミとやりたい3つのこと」メイン7会場で展示)

大切なペットと一緒にえたい「夢」をつづる「withlist(ウィズリスト)」。
飼いの想いがぎゅっと詰まった、見ていて温かい気持ちになる素敵な作品を展示します。
(アニコムが運営するLINE公式アカウントを通じ、スマホから直接応募された作品です。)




2.JAグループ「にっぽんの『食』と『農』」東京大阪会場で展示)

日本各地の美しい農村漁村の風景をはじめ、郷土料理や特産品など、一度は訪れてみたくなる地域の魅写真でお伝えします。








3.スマ婚・2次会くん※1「人生る“幸せあふれる間”写真展」
東京名古屋大阪福岡会場で展示)

結婚式二次会、エンゲージメントフォトなど
カップル人生る最高の間を収めた写真を展示します。
※1 「スマ婚」「2次会くん」は株式会社メイ ションが提供するウェディング関連サー ビスです。

4.「日本で最も美しい村」連合 「“想いをつなぐ”カメラバトン東京会場で展示)
(参加自治体北海道美瑛町青森県井村栃木県那珂町・長野県鹿村・京都府根町・兵庫県香美町小代)
富士イルグループ富士ゼロックス2014年より支援している「日本で最も美しい村連合」※2と連携した地域創生企画
6町村の住民総勢400名が40本の「写ルンです」をバトンリレーのように活用し、地域の魅を撮影しました。
※2 NPO法人日本で最も美しい村連合」は、2005年に7つの町村からスタートし、失ったら二度と取り戻せな い日本の農山漁村の観・文化を守りつつ、最も美しい村としての自立を運動を進めています。
5.ハウス食品グループ「おいしい笑顔写真展」メイン7会場で展示)

家族の団らんや、お子さまが食事をするなど、おいしいものを食べた時の笑顔は、本人だけでなく周りの人も幸せにしてくれます。
見ていると思わず微笑んでしまうような、幸せな気持ちを表現した笑顔の作品を展示します。


6.ベネッセコーポレーションこどもちゃれんじ>「おやこをつなぐフォトレターメイン7会場で展示)
あっという間に大きくなってしまうお子さまの成長の日々の一を切り取った写真に、
ご両親からのあたたかいメッセージを添えた作品を展示します。





<特設会場 開催企画
1.あなただけの東京タワー
東京タワー開業60周年の特別企画として、さまざまな線から捉えた東京タワーとその想いを添えた写真を展示します。応募者の様々な東京タワーにまつわるストーリーと一緒にお楽しみください。
 開催期間:8月18日~26日  展示会場:東京タワー メインデッキ(高さ150m)

2.トミカのあるくらし
タカラトミートミカ博in YOKOHAMA」との共同企画で、邪気にトミカおもちゃで遊ぶお子さまや、親子の姿を捉えた写真を展示します。
 開催期間:8月9日~19日  展示会場:トミカ博in YOKOHAMA

3.SNOW 「これからもずっと大好き」
若年層にプリントすることの楽しさを体感いただくため、特に若年層に人気ARカメラアプリSNOWとの共同企画として、アプリを通して友達と一緒に遊んだ思い出の写真や、家族との何気ない日常写真を展示します。
 開催期間:8月20日~26日 展示会場:渋谷駅東京メトロ側コンコース

4.「わたしの思い出」写真
横浜ランドマークタワー開業25周年の特別企画です。ランドマークタワーから見下ろした夜景写真や、横浜での観光や思い出の写真を展示します。会場であるタワー69階から望む壮大な色とともに展示します。
 開催期間:10月5日~14日  展示会場:横浜ランドマークタワー69階展望フロアスカイガーデン

5.三越伊勢丹催 癒しわんこ&にゃんこベストショット写真
昨年に引き続き、全三越伊勢丹グループ各店の店舗で集めたオリジナル写真展を開催いたします。見ているだけで癒されるベストショットを展示します。
 開催期間:7月13日10月23日  展示会場:各店舗13会場にて順次開催

写真関連商品展示コーナー(メイン7会場で実施)
 会場では、「体験しよう」をテーマに、写真を使って日常生活をより楽しんでいただける当社の写真関連商品をご紹介します。高画質プリンターで、お持ちのスマホの画像で「ましかくプリント」をお試しいただけます。また、来場者が会場で、スマホからプリントした写真を飾ることで完成するみんなでつくる『アルバム』」企画を実施いたします。
 チェキシリーズの新たなラインアップとして発売したインスタントカメラinstax SQUARE SQ6」の無料撮影コーナーや、デジタルカメラ「Xシリーズ」とXFレンズをお試しいただける特設ブース、手軽にオシャレなフォトブックが作成できるサービス「PhotoZINE」の作品集を自由に閲覧できるコーナーを設置いたします。

<同時開催>
みんなきっと家族に会いたくなる「“PHOTO IS家族展」メイン7会場、沖縄会場で展示)
催:パイオニアグリーンサークル富士イル株式会社富士イルイメージングシステム株式会社
写真館の若手フォトグラファーで構成されたグループパイオニアグリーンサークル」が、「家族がいっしょにいる幸せ」をテーマに撮影した心温まる家族写真メッセージを添えて展示します。

「“PHOTO IS”想いをつなぐ。50,000人の写真2018」開催スケジュール(全33会場)

メイン会場=7会場>
札幌会場  JRタワー 東コンコースJR札幌駅 西コンコース 8/31) ~ 9/2(日)
仙台会場  仙台駅イベントスペース/アエル アトリウム 8/17) ~ 8/19(日)
東京会場  フジイルム スクエア/東京ミッドタウン    7/13() ~ 7/18(
名古屋会場 LACHIC                   8/24()~ 8/26(日)
大阪会場  グランフロント大阪              8/3() ~ 8/5(日)
広島会場  紙屋町シャレオ シャレオ中央広場        9/21) ~ 9/23(日)
福岡会場  ソラリアプラザ/イムズ            9/7() ~ 9/9(日)

サテライト会場=23会場> *サテライト会場は、地域密着の小規模展示会場です。
旭川会場  イオンモール旭川西 8/24() ~ 8/26(日)
函館会場  五稜タワー アトリウム 9/14() ~ 9/16(日)
秋田会場  秋田にぎわい交流館AU     9/7() ~ 9/9(日)
■盛会場  イオンモール        7/20) ~ 7/22(日)
新潟会場  イオンモール新潟南       10/19() ~ 10/21(日)
石川会場  イオンモール小松       10/12() ~ 10/14(日)
長野会場  MIDORI長野          9/28) ~ 9/30(日)
水戸会場  イオンモール水戸内原      8/31) ~ 9/2(日)
横浜会場  ランドマークプラザ       10/5() ~ 10/7(日)
埼玉会場  イオンレイクタウンkaze     11/2() ~ 11/4(日)
甲府会場  アイメッセ山梨         8/18(土) ~ 8/19(日)
静岡会場  日清プラザ           10/26() ~ 10/28(日)
三重会場  イオンモール鈴鹿        7/27() ~ 7/29(日)
奈良会場  イオンモール大和山      10/19() ~ 10/21(日)
和歌山会  場イオンモール和歌山      11/9() ~ 11/11(日)
岡山会場  イオンモール倉敷        8/31) ~ 9/2(日)
江会場  イオン江ショッピングセンター 11/2()~11/4(日)
山口会場  おのだサンパーク 9/7() ~ 9/9(日)
愛媛会場  エミフルMASAKI 10/12()~ 10/14(日)
熊本会場  イオンモール熊本 10/5() ~ 10/7 (日)
宮崎会場  宮交シティ 9/21) ~ 9/23(日)
鹿児島会場 イオンモール鹿児島 7/27() ~ 7/29(日)
沖縄会場  サンエー宜野湾コンベンションシティ 9/28) ~ 9/30(日)

鉄道博物館会場=3会場> *入館の際、それぞれ入館料がかかります。
大宮会場  鉄道博物館     7/21(土) ~ 7/29(日)
名古屋会場 リニア・鉄道館   8/18(土) ~ 8/26(日)
京都会場  京都鉄道博物館   10/27(土) ~ 11/4(日)

写真展は、2018年益社団法人企業セナ協議会※3より、「芸術・文化振による社会創造活動」として「THIS IS MECENA 2018」の認定を受けております。


※3 企業による芸術文化支援(メセナ)活動の活性化を的に1990年に設立された、日本一のメセナ専門の中間支援機関

配信元企業富士イル株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ