株式会社サイバーコミュニケーションズ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:新澤 明男、以下CCI) は、The IAB Technology Laboratory(本拠地:米国ニューヨーク州、ゼネラルマネージャー:デニス・バッカイム、以下IAB Tech Lab)が提供する、デジタル広告企業向け測定手法の業界標準への適合を監する「IAB Tech Lab Measurement Compliance Program」において、ビューアビリティ計測の機について、世界で初めて認定を取得しました。


 「IAB Tech Lab Measurement Compliance Program」は、IABが拠点を置く43ヶを中心に、米国以外に本拠地を置く企業を対とし、モバイルデスクトップウェブ広告モバイルアプリ広告デジタル動画広告・リッチメディア広告等の、インプレッション計測・クリック計測・ビューアブルインプレッション計測について、各種IABガイドラインへの準拠を監するもので、本プログラム認定取得は、急速に拡がるグロバルレベルでのデジタルマーケティング標への準拠対応につながります。

 このたび、CCIが提供する広告配信プラットフォーム「BEYOND X(ビヨンド エックス)」は、今年1月インプレッション・クリック計測認定世界初取得(*1) に続き、デスクトップおよびモバイルWebにおける、ビューアブルインプレッション計測においても、世界で初めて認定を取得致しました。

 本認定の取得により、BEYOND Xはこれまで計測パートナー各社と連携し提供してきたビューアブルインプレッション課金商品に加え、IABの定める世界基準のビューアブ広告インプレッション計測ガイドライン(*2)に準拠する自社計測機活用した、広告・媒体社・サイトを閲覧する視聴者に対して安全・安心な商品提供が可となります。

 また、既に認定取得済みのインプレッションおよびクリックにおいても、マーケットの状況や計測技術の発達に伴い「IAB Tech Lab Measurement Compliance Program」の認定基準が変化するなかで、常に開発のアップデートを行う事でBEYOND Xは認定取得を続けております。

 アドフラウド・ブランドセーフティ・ビューアビリティ等への課題解決がめられる中、CCIは今後もグロバルスケール進化良される計測基準にいちく準拠するとともに、認定を取得するまでの過程で得た経験を活かし、価値の高い広告商品を市場提供することで、デジタル広告市場のより健全な発展のために取り組んでまいります。

以上

IAB Tech Labについて>
 IAB Technology Laboratoryは、2014年に設立、米国ニューヨークに本拠地、サンフランシスコに支局を持つ、グロバル広告業界標準の確立および各社への導入支援的とした独立系研究・開発コンソーシアムです。当該組織の創設企業には、AppNexusGoogle、Hearst Magazines Digital MediaPubMatic、Tremor VideoYahooYahoo! JAPANなどをはじめとした、媒体社、アドテクノロジー企業、マーケター、広告会社およびその他デジタルマーケティング分野に関心があるグロバル企業で構成され、安全性の高い市場の成長に貢献しつつ、デジタル広告並びにマーケティングサプライチェーンに起因する課題および混乱を解決、軽減することを活動の標としています。

IAB Tech Lab Measurement Compliance Programの詳細(英文)
https://iabtechlab.com/measurement-compliance


(*1)CCIリリース
https://www.cci.co.jp/news/2018_01_25/1-15/

(*2)広告ピクセル50が、スクリーンに1秒以上表示された状態。以下ご参考(英文)
https://www.iab.com/wp-content/uploads/2015/06/MRC-Viewable-Ad-Impression-Measurement-Guideline.pdf

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社サイバーコミュニケーションズ セールス・ディビジョン BXデザインチーム 吉田
E-mail: h.yoshida@cci.co.jp

リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社サイバーコミュニケーションズ ストラテジーディビジョン 高松
E-mail: press@cci.co.jp

配信元企業株式会社サイバーコミュニケーション

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ