7月9日に放送された沢村一樹演の9ドラマ絶対零度~未然犯罪潜入捜査~」(フジテレビ系)の視聴率が、10.6だったことがわかった。同時間帯のドラマが2ケタを記録したのは、1年ぶりだという。

9は、昨年7月クール山下智久ドラマコードブルードクターヘリ緊急救命~THE THIRD SEASON』(フジテレビ系)で、均視聴率14.8を記録して以降、1ケタ台を連発。今回は、10年~11年に上戸彩演で放送された人気シリーズ絶対零度』の第3弾ということで、視聴者から注を集めたようです」(テレビ記者

 しかし今作は、主人公が上戸から沢村に変更され、ストーリー未解決事件や特殊犯罪を扱っていた前2作とは違い、未来犯罪を予測して捜するという展開がメインとなっている。そのため、ドラマファンからは「この内容じゃ『絶対零度』である必要がない」「全な別物だ」「上戸彩がほとんど出てこないし前作の方がいい」と一部厳しい意見が飛び交った。

 そんな中、出演者である本田翼アクションシーンには大きな注が集まっている。

「今回のドラマ本田は、気性の荒いドS刑事を演じています。第1話ではさっそく、犯人とのしいアクションシーンが繰り広げられ、男性の顔面や急所を蹴り上げるシーンがあったのですが、彼女が足を振り上げるたびに、スカートの中が全見えに。さらに倒れた犯人を縛る際、カメラに背を向けて、タイトスカートのまましゃがみ込むシーンでは、ちょうどが強く差している側だったこともあり、ヒップを突き出した間、その中身が透けているかのようなカットまでありました」(前出・テレビ記者

 これらのシーンには、視聴者から「スカートでのアクションがたまらない!」「オレの急所も踏みつけてほしい」「こんな艶シーンが見られるなら毎週見るしかないな」と絶賛のが殺到。

 今後、高視聴率を維持できるかどうかは、彼女の艶アクションにかかっているかもしれない。

アサ芸プラス