7月16日・祝)と9月24日・振休)の2日間、ツインリンクもてぎコースにて「ホンダコレクションホール開館20周年記念 特別走行」が行われる。料無料ツインリンクもてぎへの入場料・駐は別途必要)。

【写真を見る】ホンダコレクションホールにはシビックCVCCをはじめ、ホンダの歴史を彩ったクルマがズラリ

ホンダコレクションホールは、モータースポーツ世界で活躍したホンダの2輪や4輪のほか、数多くのを展示。さらに重な書籍が閲覧できるほか、子供向けに実際にを組み立てて自動車の構造を学ぶことができる「ピット工房」などの体験教室がある。

このたび、開館20周年を記念して、プロドライバーの手による重なコレクションのデモンストレーションが行われることとなった。特別走行に登場する種は、初めてホンダの名がつけられた「自転車用補助エンジン Honda A型」や、ホンダ初の四輪「T360」、当時世界一厳しく、パスすることは不可能と言われたアメリカガス規制法を初めてパスした「シビック CVCC」、デートカーで一斉をした「プレリュード」、オールアルミボディのスポーツカーNSX TYPE-R」など60台。

ドライバーは、ホンダコレクションホール レース車両走行テスト担当の宮城氏 (元Hondaワークスライダー)のほか、2輪ライダーに、元Hondaワークスドライバーである伊藤一氏と、現在全日ロードレース選手権JSB1000クラス参戦中の高橋裕紀選手、4輪ドライバーSUPER GTに参戦中の選手と小暮卓史選手が参加する。

時間はいずれも10時16時。懐かしいホンダを見にツインリンクもてぎに訪れてみてはいかがだろうか。(東京ウォーカー(全版)・栗原

懐かしいオートバイがいっぱい!