近年、よく聞くようになったワードパリピ”。しかし、彼らがいったい何者なのかを正確に答えられる人は、意外と少ないのではないだろうか? そんな未知の存在であるパリピの生態を徹底調してみた。

◆厳しい日本社会でも全人生を楽しむ「パリピ」

 六本木渋谷ごとパーティを繰り広げ、遊び歩くパーティピープル。略して“パリピ”。その感から軽薄な若者をイメージする読者も多いかもしれない。だが、「パリピは必ずしもチャラチャラしたリア充の若者とは限りません」とるのは、博報堂若者研究所リーダーで『パリピ経済』の著者でもある原田平氏

「彼らはよくも悪くも、その場のノリをすごく大切にする人々です。たとえ、社会人として平日に働いていても、休日は精いっぱい遊ぶ。厳しい日本社会情勢においても、めったに心が折れることはない。“どんな状況でもポジティブに楽しむプロ”と言えます」

 そもそも「パーティピープル」なる言葉は、欧では数十年前から使われているし、’01年には作家真理子氏のコラム集『美女入門』で「必ずパーティに顔を出してはファッションチェックされる人」として紹介されている。

 本格的に「パリピ」という言葉がお茶の間に浸透したのは’14年にテレビ番組『月曜から夜ふかし』でラッパーのイルマニア氏が登場して以来。普段は産廃業者として働きつつも、余暇はパーティに繰り出して全で楽しむそのスタイルや、ラップ調のり口が話題に。その翌年には「パリピ」という言葉は、「ギャル流行語大賞」の1位に選出された。


 一見すると、ただの若者の話に見えるかもしれない。しかし、原田氏によれば、一部のパリピは芸人にさえも匹敵する影を持つという。

「以前はテレビや雑誌などのメディアが『これが話題だ』と取り上げることで、流行が一般へと浸透していきました。でも、スマホSNSの普及により、’10年頃から周囲に影のあるパリピの若者が、仲間内の流行をSNS拡散し、若者消費に巨大な影を与えています。例えば、近年若者の間では定番となりつつある『ハロウィン』のコスプレカルチャーや、『インスタ映え』などの言葉を生み出したのも彼らです」

 日本の影を持つ「パリピ」。オジサン世代は知らない生態なのだ。

パリピ年表>
’01年・『美女入門 PART3』(真理子著)に、「パーティ・ピープル」が登場
叶姉妹を例に挙げ、「必ずパーティには顔を出して、そのファッションチェックされる人たち」として紹介されている

’14年・TV番組『月曜から夜ふかし』(日本テレビ)で、ラッパー「イルマニア」が「パリピ」として紹介
神奈川県の由で、「イルマニア埼玉入間代表さ」という俳句を詠む。「パリピ」というワードが全お茶の間に広がるきっかけに

’15年「パリピ」が、2015年ギャル流行語大賞」の1位に選出
ちなみに、2位にはSNSでの投稿に対して、「可すぎかよ」「最高かよ」などとツッコミを入れる「◯◯かよ」。3位にはネット上だけでなく実生活での友人「リア友」が選ばれている

’16年 『パリ経済 パーティーピープルが市場を動かす』(原田著)が出版
本書では、パリピの「自分たちが飛びついた新しいモノやコトを、他の若者たちに拡散・伝播できる点」に注している

17年 AbemaTV全日パリピ選手権』で、「あっくん」率いる「渋谷パリピ軍団」が優勝
勝因は「キャバクラに行ってもキャバ嬢側になってみんなを盛り上げる」(あっくん)ホスピタリティ

’18年 AbemaTV全日パリ女性選手権』で、「あやまんJAPAN」が優勝
「最初にブレイクした頃には、まだ『パリピ』という言葉は流行していませんでした(あやまん監督)。時代があやまんJAPANに追いついた結果か

原田博報堂 若者研究所リーダー
マーケティングアナリスト。「マイルドヤンキー」「さとり世代」など数々の流行を研究。近著に『若者わからん!「ミレニアル世代」はこう動かせ』(ワニブックス

パリピってなんだ? ―