前半戦は首位を一度も明け渡さず、「とにかく『選手の頑り』でしかない」

 11日のロッテ戦。「獅子おどし打線」と名付けられた強打線が機し、前半戦最後の試合を勝利で終えた西武チーム成績はここまで78試合を消化し46勝31敗1分で貯は15。試合後、監督が一度も首位を明け渡すことのなかった今季前半戦を総括した。

――前半戦を振り返って。

「開幕してからチームの状態が非常に良くて、4月は(開幕8連勝やメットライフドーム開幕12連勝など)思った以上のいいスタートが切れた。長いシーズンで投打ともに好不調の波はあると思うが、この時期にトップにいるということは、全選手が良く頑ってくれた結果だと思っています」

――好調の要因は。

「とにかく『選手の頑り』でしかないと思う。チームとは、投打のバランスが取れることだと思いますが、投打ともに好不調の波がある中、チーム全体で戦ってきたことが結果、好調の要因になっていると思います」

――進塁打や走塁面を含め「考えてプレーする」選手が多い。

「長打のある選手が多いが、ホームランだけでは勝てない。足を使ったり、浅村、山川クリーンアップが大事なところで、打ちたい気持ちを抑えてフォアボールを選んで出塁(※322四球リーグトップ)し、そこから繋いで大量得点などもあった。そういう部分は(チームにとって)大きいことだと思います」

――チーム防御率は4.30リーグ最下位。

チーム防御率が最下位なことは結果なので、どういっても仕方ない。そういう中で打線の奮起が必要で、ここまではそれが結果に表れている。ただ、開幕の8連勝は、いずれの試合も先発投手が頑ってのもの(※全8試合、先発投手クオリティスタートを達成している)。勝負事にはいろんな勝ち方があると思うので、投手は課題だが、それも含めて今のチームだと思う。中継ぎについては野田平井など、再調整をした選手が自信をつけて帰ってきているし、武も戻ってくる。彼らに託すしかないと思っている」

――キーマンは。

「特にという選手はなく、負けない試合を作るために、まずは先発投手の頑りが必要になる。そして打線全員。つながりを持っていかに1点を取るかという野球をしていかないといけない」

――警する球団は。

楽天には申し訳ないが、パ・リーグ楽天以外の5球団に貯があり、うちを含めていずれのチームも優勝圏内にいると思う。ロッテオリックス投手がよく、ソフトバンクには2連覇の経験がある。そして日本ハム投手、破壊、経験もある。特定チームを警するということではなく、どの相手に対しても1試合ごとに勝利をして頑るだけです」

チーム全体での制球の向上が鍵か

――今年は今までと違い、追い上げを受ける立場だが。

「今は首位にいるが、5位まで差がない中、常にその5チームが戦っている状態。選手も他チームの順位は気になるだろうが、他のチーム必死に上の狙ってくると思うので、選手も『優勝』というものを意識しながら、各カードで負け越さないような戦いをしていくことが一番大事になる」

――10年ぶりの優勝へ、後半戦はどんな戦い方をするのか。

8月になれば6連戦が続くので、先発投手はとにかく1イニングでも長くる。打線投手が疲れてくる中、それをカバーできるようなつながりを持ってほしいと思う。そして、残り試合が少なくなっていく中で、選手たちがどういう気持ちで戦っていくのか。厳しい試合が続くことになるが、それが各選手たちにとって大きな経験になっていく。今のチームはまだ発展途上のチームなので、その経験を経て、結果優勝にたどり着けたならば、大きなになると思う。とにかく1試合1試合、優勝をして戦っていきたいと思います」

 監督ったように、開幕ダッシュに成功した西武4月の時点で貯14。現在の貯が15であることを考えると、いかに4月の快進撃が大きかったかが分かる。

「結果なので仕方ない」としながらも、やはり優勝へ大きな課題となってくるのが投手チーム成績を見てみると与四球の数は286リーグ5位。1位日本ハム208より78個も多い。また死球の数は47個でリーグワースト。こちらは1位ロッテの14個より33個も多い。被安打663被本塁打70リーグ均値と較しても大差がない(パ・リーグ6球団の被安打数は660被本塁打73)だけに、チーム全体での制球の向上が、10年ぶりリーグ優勝への鍵となってくるかもしれない。(岩 / Makoto Iwakuni)

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】