株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント(所在地:東京都新宿区、代表取締役松田 武久)は、日本の18~69歳の女性を対に「自宅で食べた夕食メニュー」について調を実施いたしました。
暑いにはスタミナをつけるために、餃子を食べたくなる機会も多いのではないでしょうでか。今回は総務省計調で毎年話題になる「餃子」に注し、計調では含まれない“冷凍餃子”や“手作り餃子”も含めた場合、夕食メニューでの登場率に違いはないか分析してみました。
■調結果

夕食に餃子を選んだ理由として、全では「家族の好きなメニュー家族の要望」「自分の好きなメニュー」が上位に挙がる。(図2)
  • 群馬県では餃子単品ではなく、他のおかずと一緒に食べられている。
静岡県栃木県では餃子単品でメインのおかずとして食べる割合が高いが、群馬県では他県とべ、「餃子+1品」も高く、他のおかずと一緒に食べられることも多い様子。(図3)

■R&D 生活者インサイト
2017年庭の夕食で一番餃子が出された県は、群馬県餃子の消費額と庭の食卓登場率には“ずれ”も。
宇都宮浜松など餃子で有名な地域は、餃子の消費額が高く、毎年全1位を争っていますが、これは総務省計調の支出額が元になっています。確かに購入額が高ければ消費量も高いと推測できますが、そもそも計調を元にした餃子消費量ランキングでは「調理食品」として餃子に支出した額を調しています。「冷凍食品や外食餃子」は含まず、また「手作り」した場合も含まないため、「庭で食べた餃子量」を正確に表しているかはわかりません。
今回R&Dでは、調理食品に限らず“冷凍餃子”や“手作り餃子”も含めた「庭の夕食における餃子登場率」を分析したところ、2017年群馬県餃子夕食登場率1位でした。群馬県では、栃木県静岡県べて、餃子を選んだ理由として「冷蔵庫材料残り物活用したかったので」の割合が高いことが特徴で、群馬県キャベツの生産量が高いことからも、群馬県女性にとって餃子は“手軽な一品”として親しまれているようです。

■調結果 グラフ(一部抜
調結果の詳細は、無料ダウンロードレポート『知られていない餃子県!手作りも含む「餃子の夕食登場率」は群馬県が全トップをご覧ください。
リリースで取り上げた結果以外に、以下の内容を掲載しております。ぜひこちらもご覧ください。
(弊社ホームページ https://www.rad.co.jp/report_list/20180712/ よりダウンロードいただけます)
今回、発表致しました『ディナーサーベイ』 夕食メニュー調の詳細は
弊社ホームページ https://www.rad.co.jp/solution/170/ をご覧ください。

(参考1:総務省計調  http://www.stat.go.jp/data/kakei/
(参考2:農林水産省キャベツの生産量上位について」  http://www.maff.go.jp/j/kids/crops/cabbage/farm.html )

■『ディナーサーベイ』 夕食メニュー調 調概要
調地域: 全
調: 18~69歳女性
サンプル数: 1日 1,000サンプル (年間 約36万サンプル)
調手法: インターネット調
調実施時期: 2009年4月~ (毎日調実施)

■会社概要
会社名: 株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント
所在地: 〒163-1424 東京都新宿区西新宿3-20-2
代表者: 代表取締役社長  松田 武久
資本30,000千円
設立 : 1968年1月17日
URL : https://www.rad.co.jp/
事業内容:マーケティング・リサーチの企画設計、実施及びコンサルテーション、経営・マーケティング活動の評価及びコンサルテーション

引用転載時のクレジット表記のお願い≫
リリース引用転載時には、必ず当社クレジットを明記いただけますようお願い申し上げます。
<例>「(株)リサーチ・アンド・ディベロプメントが実施した調によると・・・」

配信元企業株式会社リサーチ・アンド・ディベロプメント

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ