au Design projectより、名機INFOBARの15周年を記念したAndroidベースのフィーチャーフォン「INFOBAR xv」が2018年秋に登場します(価格未定)。デザインに旧機種の面影を残しつつ、約800万画素のカメラやLINEに対応するなど、機能を向上しています。

【その他の画像】INFOBAR新旧機種の比較

 デザインは2003年10月に発売された初代と同じく、プロダクトデザイナーの深澤直人さんが担当。3色からなるカラーリングは健在で、今回は「NISHIKIGOI(錦鯉)」、「NASUKON(茄子紺)」、「CHERRY BERRY」のラインアップから選べます。そして歴代INFOBARで目指しながらもかなわなかった、フレームレステンキーを実現しています。

 機能面ではテザリングのほか、auの4G LTEフィーチャーフォンとしては初となる「+メッセージ」に対応。また、他のスマートフォンとBluetoothで連携し、SiriやGoogleアシスタントを呼び出して利用することもできます。

 ユーザーインタフェースについては、INFOBAR 2を現代によみがえらせることをコンセプトに開発を進めているとのこと。卓上ホルダーも同梱され、充電中に置き時計として楽しめます。

 発売に先がけて、Makuakeでのクラウドファンディングも実施。支援コースは3240円(税込)からとなっており、同製品の原寸大オブジェや専用ケース、隠し画面に支援者として名前がクレジットされる権利といった返礼品が用意されています。

ラインアップは左から順に、「NISHIKIGOI」、「NASUKON」、「CHERRY BERRY」