TBS系日曜劇場『この世界の片隅に』のヒロインすず役に抜された新進女優松本穂香。そのファーストフォトブックNegative Pop』(集英社)が9月13日(予定)に発売される。

【大きい画像を見る】(C)丸谷嘉長/集英社



 松本は、ドラマこの世界の片隅に』への出演決定に加え、NHK連続テレビ小説ひよっこ』で事務所先輩にあたる有村架純演じる主人公田部みね子の同僚・子役として登場したほか、auテレビCMシリーズ「意識高すぎ!高杉くん」では神木隆之介と共演するなど活躍中。

 今回発売が決まった『Negative Pop』は、松本の素顔を解き明かす写真集。撮影は、写真の丸嘉長が担当。自身で「根暗な女の子」だったとる10代から、演技という表現手段を得て、「ポジティブ」を手に入れた松本のすべてが表現されている。松本は『Negative Pop』の発売について、「自分のフォトブックを出させていただくということだけでも幸せなことですが、私にいろいろなことを教えてくれた、大好きな『Negative Pop』が自分の初めてのフォトブックになると聞いて、本当に幸せな思いでいっぱいです」とコメント。さらに、「私の中の知らない私を解放させてくれた写真を是非たくさんの方に見ていただきたいです」と呼びかけている。

 松本穂香 ファーストフォトブックNegative Pop』は、9月13日(予定)発売。【ほかの画像を見る】(C)丸谷嘉長/集英社

(C)丸谷嘉長/集英社