鹿児島市平川動物公園で誕生したシンリンオオカミ赤ちゃん4頭の一般開が11日から開始された。

画像をもっと見る

シンリンオオカミ赤ちゃんは、父親ロジックと母親・ミナの間に誕生。5月11日にオス・メス各2頭の4つ子で産まれた。4頭は順調に成長し、7月1日に初めてロジックと短時間の同居を経験。赤ちゃんは盛んに甘える様子をみせるなど子の関係も良好のため、一般開が決定した。


平川動物公園Twitterでは、一般開初日の親子の様子を開。生後2ヶ赤ちゃんは、脚やこそしっかりしているものの、たれで丸いフォルムは赤ちゃんのよう。々しい親との見たのギャップに驚くが多数寄せられている。シンリンオオカミの親子はオオカミ舎の屋外展示場で午前9時から開している。


シンリンオオカミは、ユーラシア大陸や北アメリカ大陸などに分布するタイリクオオカミ亜種で、カナダアメリカ森林原を中心に生息。数頭から十数頭のパックと呼ばれる群れで行動し、狩りや子育てなどを群れのメンバーが協して行う。妊娠期間はおよそ60日で、からにかけて発情期を迎え4〜6頭を出産する。







画像提供:平川動物公園