今年のSUPER GT も、6月30日(土)~7月1日(日)のRound4(タイ)で前半戦が終わった。8月4日(土)~5日(日)に富士スピードウェイで行われるRound5から、いよいよ後半戦。ワークス、プライベート入り混じった熱い戦いは、もうすぐ始まる。

4月7日(土)、岡山国際サーキットで始まった2018年のSUPER GTも、すでに4戦を消化した。トヨタ、ニッサン、ホンダが参戦するGT500、そしてプライベーター中心のGT300が混走するエキサイティングなレースは、今年も混戦模様となっている。

2014年からのレギュレーション変更で、GT500も2000㏄4気筒+シングルターボエンジンとなったが、それでもワークスの技術の粋を集めて、今では600馬力近くまでパワーアップされている。例えば、日産からGT-Rが参戦しているが、市販車のRB26(2,600㏄6気筒)エンジン搭載車でなく、上記のエンジンを積み、シャーシもモノコックと完全にレース仕様のマシンとなっている。

つまり、外側だけはトヨタ LC500、ホンダ NSX-GT、日産 GT-Rの姿をしているものの、GT500マシンは市販車とはまったく違う、レース専用車となっているわけだ。加えて年々空力特性もアップし、4年前とは比べ物にならないくらいほどダウンフォース量が増えてきている。

一方、GT300は市販車ベースの改造車がメイン。クラスもいくつか分かれているが、それでもパワーはGT500に負けず劣らず600馬力を絞り出すマシンすらある。しかし、根本的なシャーシやサスペンションなどが市販車ベースのため(GT500マシンに比べ)車重も重く、サーキットにもよるが、だいたい一周辺り5~12秒ほどラップタイムに違いがある。そのため、GT500もGT300もクラス内で競い合う中、別クラスのマシンをオーバーテイクする(される)ことになり、この駆け引きが思わぬ展開を生む面白いレースとなっている。

さて、前回Round4はタイの「チャン・インターナショナル・サーキット」で実施。GT500では元F1コンビのヘイキ・コバライネンと小林可夢偉(LEXUS TEAM SARD)がポディウムの頂点に立った。今季からSUPER GTに参戦している小林はSUPER GT初優勝。WEC(FIA世界耐久選手権)のル・マンで2位に入った勢いそのまま、チーム順位1位奪取に貢献した。

第四戦(タイ)のGT500クラスで優勝した「LEXUS TEAM SARD」。ヘイキ・コバライネン、小林可夢偉の元F1コンビが奪首した

第四戦(タイ)のGT500クラスで優勝した「LEXUS TEAM SARD」。ヘイキ・コバライネン、小林可夢偉の元F1コンビが奪首した

Round3(5月19日~20日、鈴鹿サーキット)までチームランキングでトップ(41ポイント)を走っていた「TEAM KUNIMITSU(山本尚樹/ジェンソン・バトン)」は、60キロという重量ハンデもあり、11位に留まり首位を明け渡した。しかし、ホンダは今年、かなりシャーシレイアウトを変更しており、より戦闘力を高められたのは大きい。今後の巻き返しには期待大だ。

GT500では好調維持のLEXUS勢に対する、ホンダのNSX-GT。「TEAM KUNIMATSU」は総合2位につけている

GT500では好調維持のLEXUS勢に対する、ホンダのNSX-GT。「TEAM KUNIMATSU」は総合2位につけている

同様に40ポイントで2位につけていた「NISMO(松田次生/ロニー・クインタレッリ)」も、重量ハンデ62キロが響き、12位という結果に終わった。ニッサンも昨年のマシンに比べ、特に足回りをかなり改善してきた。本心は「打倒LEXUS」。一歩先行くLEXUS勢にニッサンとNISMOがタッグを組み、細かいセットアップを施してきた。昨年のマシンからはかなり戦闘力が増している。

名車GT-Rで総合優勝を狙う「NISMO」。ドライバーは松田次生とロニー・クインタレッリ

名車GT-Rで総合優勝を狙う「NISMO」。ドライバーは松田次生とロニー・クインタレッリ

そんなライバルの戦闘力アップを横目で眺めるはずはなく、LEXUS勢はトップでチェッカーフラッグを切った「LEXUS TEAM SARD」に続き、「LEXUS TEAM LEMANS WAKO'S(大嶋和也/フェリックス・ローゼンクヴィスト)」、「LEXUS TEAM WedsSport BANDOH(国本雄資/山下健太)」、「LEXUS TEAM ZENT CERUMO(立川祐路/石浦宏明)」と、Round4はLEXUS勢が1~4位を独占。一気にワークス争いの状況が混沌としてきた。

第四戦(タイ)のGT500で2位に入った「WAKO'S 4CR LC500」。昨年から強いLEXUS勢だ

第四戦(タイ)のGT500で2位に入った「WAKO'S 4CR LC500」。昨年から強いLEXUS勢だ

GT500でポディウム(表彰台)を独占したLEXUS勢。3位は「LEXUS TEAM WedsSport BANDOH」だった

GT500でポディウム(表彰台)を独占したLEXUS勢。3位は「LEXUS TEAM WedsSport BANDOH」だった

現在のチームランキングBEST5は以下の通り。

1位 「LEXUS TEAM SARD」(44ポイント)
2位 「TEAM KUNIMATSU」(43ポイント)
3位 「NISMO」(42ポイント)
4位 「LEXUS TEAM LEMANS WAKO’S」(41ポイント)
4位 「LEXUS TEAM KeePer TOM’S」(41ポイント)

ここ数年、LEXUSの後塵を拝してきたニッサン、ホンダ勢だが、次戦はLEXUS勢がウェイトハンデを背負うため、逆転の可能性を秘めている。昨年総合4位となった「LEXUS TEAM ZENT CERUMO(立川祐路/石浦宏明)」も37ポイントと、いつでも奪首できる位置につけているだけに、第5戦が後半戦の行方を左右するレースになることは間違いない。

一方、GT300はメーカー各社の名車が入り混じっての、激戦レースの模様を呈している。

Round4で優勝して、チームをランキングトップに導いた「GAINER(平中克幸/安田裕信)」は日産GT-R(TANAX GT-R)。同レースで2位に入った「apr(嵯峨宏紀/平手晃平)」はトヨタ プリウス(TOYOTA PRIUS apr GT)。3位の「K2 R&D LEON RACING(黒澤治樹/蒲生尚弥)」はメルセデスベンツ(LEON CVSTOS AMG)。まさに世界のスポーツカーが百花繚乱状態だ。

GT300クラスはスポーツカーの展示会だ。写真はタイラウンドで4位に入った「K2 R&D LEON RACING」のLEON CVSTOS AMG

GT300クラスはスポーツカーの展示会だ。写真はタイラウンドで4位に入った「K2 R&D LEON RACING」のLEON CVSTOS AMG

GT300で総合4位につける「AUTOBACS RACING TEAM AGURI」のBMW M6。昨年、総合順位4位だっただけに、狙うは頂点だ

GT300で総合4位につける「AUTOBACS RACING TEAM AGURI」のBMW M6。昨年、総合順位4位だっただけに、狙うは頂点だ

そのほか、アウディ A8やトヨタ マークX、ロータス エヴォーラなども参戦。さまざまなスポーツカーが入り乱れてのレースとなり、初めて訪れる観客も飽きずにレースを楽しめる。

チームランキングは「GAINER」の49ポイントを筆頭に、10位までが18ポイント差でひしめき合う混戦状態。Round3までトップだった「AUTOBACS RACING TEAM AGURI」は4位の37ポイントに、2位だった「TEAM UPGARAGE」は35ポイントの5位に転落しているが……。次戦でまたまた再逆転もあり得る状況だ。

LEXUS勢に一矢報いたいニッサン、ホンダワークスを併せた巴戦が面白いGT500。一方で各チーム、各メーカーのマシンが入り乱れての“乱打戦”となっているGT300も超エキサイティングだ。世界一速い“ハコレース”と言われる『SUPER GT』だが、今回のRound5は500マイル(約800キロメートル)で、高ポイントレースにもなっている。真夏のど真ん中に行われ、マシンの耐久性も大きなポイントに。サバイバルの予感もする8月の富士スピードウェイは、必見のレースとなるだろう。

優勝ポイントも25点(通常20点)と高得点のレースだけあって、各チーム、各ドライバーも一段ギアを上げてくるレースとなる