お笑い芸人関根勤、ANZEN漫才みやぞんとあらぽん流れ星上伸一郎とちゅうえいほか、芸事務所浅井企画の所属芸人らが12日、都内で行われた「浅井企画ゲーム部」発足会見に登場した。

【大きい画像を見る】関根勤【撮影:小宮山あきの】


 同社は、新たな取り組みとして「浅井企画ゲーム部」を発足し、eスポーツ世界に参入することを発表。所属タレントeスポーツ関連の大会に出場するほか、今後はプロゲーマーの育成なども行っていくという。

 ゲーム部の名誉会長に就任した関根は、eスポーツの魅について「ゲームは言葉のえてますよね。eスポーツオリンピック競技になる可性まで出てきてますから。ゲームを有効的にやると頭が良くなるっていう研究もあるんですよ。時間を決めてやると、非常にクリエティブな頭になるらしいです」とアピール

 みやぞんは「eスポーツは、いいスポーツですよ。ゲームをやってると汗をかくんですよね。本当にスポーツだなと思いますね」と笑顔で話した。

 また、芸トップクラスの腕を持つ上と、「地元では負け知らず」というあらぽんゲームストリートファイター」で対戦する一幕もあり、上が勝者となった。あらぽんが「上さんは本当に強い。地元とは違って頭を使いました」と感想をると、上は「あらぽん後輩なので、これから鍛えていきたいですね」と素質を認めている様子だった。

 囲み取材では、「お孫さんともeスポーツをやりたい?」と聞かれた関根は、「将来は孫といろんなことを一緒にやりたいですね。ゴルフゲームを一緒にやってから、フィールドに連れて行って、が教えてあげますよ」とじりをさげ、“じいじの顔”をのぞかせた。

 芸界で「子育ての成功者」と言われている関根。「孫育ての成功者にもなりたい?」との質問には、「なりたいですね。『この人がおじいちゃんだったらいいな』っていうランキングの3位くらいになりたい。1位は落ちるときが嫌だから」とリアルな野望も明かし、笑いを誘った。

 一方で、「24時間テレビ」(日本テレビ系)のチャリティーマラソン企画で、トラアスロンに挑戦するみやぞんは、現在トレーニングの様子を聞かれると、「頑ってやってます。水泳は今まであまりやったことがなかったんですけど、泳いでます。水泳っていうのは、(息継ぎのときに)『吸う~』って思わないと空気が吸えないんですよね、きついんですよ。走る、自転車に乗る、泳ぐっていう一つ一つの本質が分かってきました。もう哲学ですよ」と、迷走しながらも“みやぞん節し”で様子を明かした。【ほかの画像を見る】流れ星(ちゅうえい、瀧上伸一郎)、関根勤、ANZEN漫才(あらぽん、みやぞん)ほか浅井企画ゲーム部のメンバー【撮影:小宮山あきの】

流れ星(ちゅうえい、瀧上伸一郎)、関根勤、ANZEN漫才(あらぽん、みやぞん)ほか浅井企画ゲーム部のメンバー【撮影:小宮山あきの】