ロングランヒット中のインド映画バーフバリ 王の凱旋』を手掛けたS・S・ラージャマウリ監督によるスペクタクルアクション『マガディーラ 勇者転生』が、8月31日より劇場開されることが決定した。

 『マガディーラ』は、ラージャマウリ監督2009年に発表した作品。脚本も監督が手掛け、原案、撮影、音楽、編集などは、ほぼ『バーフバリ』と同じチームが担当、どちらもテーマとして輪廻転生を扱うなど、まさに同作の原点と言っても過言ではない一本だ。

 1609年に生きた伝説戦士バイラヴァと、国王トラ、そして彼らの仲を引き裂く邪悪な軍令官ラナデーヴら、三人の登場人物を軸に、400年を経た運命のを活写。『バーフバリ』らしい史劇アクションに加え、400年後の世界で、バイクレーサーハルシャという若者として生まれ変わった、バイラヴァが繰り広げるアクションも見どころになりそうだ。

 当時のテルグ語映画では最高額となる、4億ルピー(約6億4,000万円・1ルピー1.6円計算)近い製作費を投じて製作。本では1000日をえるロングランを記録した大ヒット作で、監督4月に『バーフバリ 王の凱旋<完全版>』開に合わせて来日した際、日本ファンの熱狂ぶりに感動し、自身の代表作の1本でもある本作の劇場上映を熱望。帰後に監督が自ら再編集した、ディレクターカット際版での上映が実現した。(数字は配給調べ)

 演は、日本でもインターネット上で人気を集める南インド映画界のスターチランジーヴィの息子ラームチャラン。彼にとっては、日本初登場作品になる。ヒロインを演じるのは『バードシャー テルグの皇帝』のカージャル・アグルワール。そのほか『あなたがいてこそ』のスニール、『ムトゥ 踊るマハラジャ』のサラットバーブが出演。“メガスター”と称されるチランジーヴィのカメオ出演&迫ダンスも必見だ。(編集部・入倉功一)

映画『マガディーラ 勇者転生』は8月31日より新宿ピカデリーなんばパークスシネマほか全順次

監督仕事早い! 『マガディーラ 勇者転生』がディレクターズカット国際版で上映決定! - (C) GEETHA ARTS, ALL RIGHTS RESERVED.