Image: GHOSTEK via Forbs

シンプルでいい感じ。

今年のAppleアップル)のiPhoneは、3モデルの投入が噂されていますが、そのうちの廉価版とされる6.1インチモデルケース付き本体らしき画像が、オンラインで発見されました。

今回の画像は、タフネスケースを扱うブランドGhostekゴーステック)から流出したとされるものです。ケースに覆われていて全体は掴みづらいですが、ディスプレイ上部には3D顔認Face IDが搭載されているのがはっきりとわかります

また、背面にはシングルカメラが搭載されています。フラッシュの位置は「iPhone 8」とは異なりカメラ下へと移動。シングルというのは、製品コストを抑えるための選択なのでしょう。以前の情報では、6.1インチモデルステンレスケースではなくアルミケースが採用されるとの情報もありましたが、今回の画像だけではそれを確認することはできません。

気になることに、新iPhoneの6.1インチモデルは「iPhone 5c」のように多なカラバリが用意されているとの情報があります。噂ではグレーホワイトブルーレッドオレンジの全5色。このカラバリ戦略がうまくいくかどうかは興味深いところ。

例年通りなら9月に発表&発売される新iPhoneですが、ケースメーカーにはすでに情報が伝わっていてもおかしくありません。今回の画像が100%本物だとは断言できませんが、気軽に購入できるカラフルな新iPhoneの登場を待ちたいですね。

【Spigen】 スマホケース iPhone X ケース 対応 全面クリア 耐衝撃 米軍MIL規格取得 ウルトラ・ハイブリッド 057CS22127 (クリスタル・クリア)

1,670円


Image: GHOSTEK via Forbs
Source: Forbs, Slash Gear

塚本直樹