ジャン=リュック・ゴダールの2番の妻アンヌ・ビアゼムスキーの自伝的小説を「アーティスト」のミシェル・アザナビシウスが映画化した「グッバイ・ゴダール!」が7月14日開する。ラース・フォン・トリアーの「ニンフマニアック」の大胆な演技で注され、今作でアンヌを演じるステイシー・マーティンが来日し、作品をった。

【動画】「グッバイ・ゴダール!」予告編

ルイ・ガレルが演じる、当時37歳の天才監督ジャン=リュック・ゴダールと、パリ大学哲学を学ぶ19歳のアンヌがに落ち、アンヌは「中国女」の演を務めることに。ふたりは結婚し、次第に革命に傾倒していくゴダールとともに時代を駆け抜けたアンヌの知られざる日々をコミカルタッチで描く。

--実在の人物である、アンヌをどのような女性として捉えたのでしょうか。演じる上での外見と内面アプローチを教えてください。

女優としての彼女は知っていましたが、物書きとしての顔は知らず、脚本とともに著書を読み始めました。私は、当時のアンヌが、自分自身がであるかを探し、今の彼女になる直前の姿がこの映画で捉えられていると考えました。だから、ある種の若々しさというものを保つことが重要だったし、自分なりにそれを見つけていかなければいけないなと思ったのです。彼女好奇心でいっぱいだし、つらい思い出もポジティブな形で書いている、そういう資質を保ちたいと思いました。彼女はゴダールが一緒にいて正しい相手なのか、問い続けているところがあって、究極的にそうではないと判断する。それは、彼女が自分という人物に成長するからです。ただのゴダールの妻では収まらない、そういうところが好きです」

「外側の演技としては、コピー&ペーストにしないことが大事でした。この作品はゴダールの伝記映画ではなく、アザナビシウス監督によるコメディなので、伝記もの以上にしなければという思いがありました。私が演じたアンヌは、ビアゼムスキーその人というよりも、60年代のアイコン的な女性たち、それからゴダール映画に出ている女たち。そのコラージュのつもりで演じています。彼女が持っていた好奇心オープンさを大事にしました」

--当時から格化されていたゴダールにどのような印を持ちましたか? 天才と呼ばれるような人物との恋愛には興味がありますか?

「ああいう関係性は、あの時代特有のものだったのではないでしょうか。特にゴダールの映画作りは、に落ちた女性カメラに収めるという、あの時代にとても特徴的なやり方だったのではないかと思います。私は、恋愛という関係より、役者監督コラボレーション興味があります。監督ビジョンを持っていて、撮影監督役者、いろんな人たちとともに映画を作っていく。その中で役者というのは、自分の人生観や解釈を役に反映します。言い換えれば、違ったものの見方、考え方をするふたりのアーティストがどういうに出会って、同じ方向を見てものづくりをしていくのか、そういうところに興味があります」

「ゴダールについては、監督アーティストとしてのイメージしか持っていませんでした。あらゆる様々な神話が彼の周りにありますが、彼が普通の人間である部分も持っていることを私たちは忘れてはいけないのです。今回、起きたときのゴダールの顔など、親密なシーンはルイ・ガレルといろんな話をしながら作っていきました。だから、この映画のゴダールは、もが知る天才監督ゴダールではなく、ジャン=リュックなんです」

--アザナビシウス監督の演出はどのようなものでしたか?

コメディとして、々の挑戦は常にぎりぎりの一線を意識しました。実在人物がベースになってはいるものの、自分たちなりの映画にしなければなりませんでしたので。アザナビシウス監督は、既にある題材を咀嚼して違った自分の作品にするのです。今回の題材はなるゴダールということで、現実フィクションの一線をどのくらい引くのかが重要でした。ある種、セミフィクションの中に身を置きながら、どうやってそれを自分たちの物語にしていくかを考えました」

--どういった基準で出演作を選びますか。また、ヌードシーンについての考えを教えてください。

「まずは監督ですね。脚本は何も描かれていないキャンバスのようなものです。監督で、その題材をいかにリアル映画にしてくれるか考えるとワクワクします。後はコラボレーションの仕方。どんなに仕事をしたい相手でも、役やタイミングが合わないこともあるので、合っていないときは、合ってないときっぱり言います」

「ヌードについては、物語にとって必要がなければやらないというポリシーです。今でも、不必要に脱いで欲しいと言ってくる監督と意見を闘わせることもあります。ただ、『ニンフマニアック』は別です。あれは、物語にとって欠かせない要素で、ヌード特有の描かれ方が最初からはっきりしていたからです。かつて『女性は脱ぎやすいでしょ』のようなことも言われたことがあります。そういう時、女優は現場でもろい立場に置かれてしまいます。だからこそ、今、様々な女性の権利に関するディスカッションが前向きにグロバルでなされているのです。もがこういったことが起きていると認知し、何かを変えなければという必要性を感じさせるのは、すごくいい流れだと思っています。私はアーティストとして、全員等であるべきだと思うのです」

アンヌ・ビアゼムスキーを演じたステイシー・マーティン