探偵歴10年以上、浮気調定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が撃した、男と女の浮気事情。

パートナーがいる男女恋愛の詳細を、美人探偵山村佳子がその事件簿から紹介します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調ポイントについてもります。

☆☆☆

今回の依頼者は、結婚15年になる園田佳代子さん(仮名・40歳)です。トップスに、カーパンツスカートリメイクしたボトムを合わせており、モードおしゃれスタイルがよく“鍛えているんだろうな”と感じる筋肉美しいです。ツヤがある黒髪を1つにまとめており、大ぶりなサングラスなリップを合わせています。ネックレスハイブランドで、スマイルマークを模したデザインのもの。バングルはアート作品のようなゴールドのボリュームタイプです。

佳代子さんは不動産関連会社に勤務するキャリア女性です。半年前に夫婦関係に悩み、私のカウンセリングを受けてくださったのですが、「事実を知るのが怖い」と調を見送った経緯があります。ですから、今回はよほど決意をしてお見えになったのでしょう。

「先日、この連載の記事を読み“借癖がある人は、浮気性だ”と感じたので、ちょっと自衛の意味も込めて、調をお願いしたいと思います。私と夫は大学で出会いました。同じ年なんですが、彼が2浪しているので後輩なんですよね。当時から俳優としてスカウトされたりしていて、とってもカッコいいんです。向こうからアプローチしてきたくせに、浮気しまくっており、その防止のためにも25歳のときに結婚しました」

しかし、新婚時代から浮気を繰り返していたといいます。

「お互いに若すぎたこともあり、何度もぶつかったことがありました。35歳くらいまでは、そこそこ美人女性に来て“別れてください”と乗り込んできたことも数回ありました。そのたびに夫は私に対して謝罪をするのですが、その翌週あたりからまた遊び始める。でも、私は強く言えないんですよね。夫はイケメンで評判だから、連れて歩いて見栄えがする。女性が振り返ったり、“美男美女カップルですね”と言われるとうれしい。それに私達、子供がいらなという意見も一致している。なんだかんだ言って、夫も私のことを愛していると思うんです」

旦那様は仕事が長続きしない。結婚15年での転職回数は10回以上……

「小さい頃から女性にちやほやされてきた男って、自分に甘いんですよ。何かあると必ず女性助けてくれると思っていて、借癖もあるんです。でも、女性助けているみたいなんですよね。それに夫の部屋を見ると、彼の収入では買えないアクセサリーやバッグがゴロゴロ転がっています。明らかプレゼントが入っていると思われるショッピングバッグが、開封せずに置いてあって、数日経つと消えている。きっと女性からもらったプレゼントを、開封せずに売っているんでしょうね。転職ばかりしているので、今の仕事よくわからない。それでもよかったんです」

そこまで浮気されていても、一緒にいるのは優しいから。

お風呂に入っていると髪の毛を洗ってくれたり、“がんばってえらいね”“佳代子ちゃんはすごいね”などと言ってくれる。夫と別れるのは嫌ですが、先日、決定的なことがあって調をお願いし、離婚するにしても私の不利になりたくないかな、と……」

決定的なこととは、旦那様と実家の借問題。

「夫は父親小学生の時に亡くしていて、お義母さんが彼を育てたんです。一人・子一人で、イケメンでそこそこ勉強ができる息子……だから結びつきが強いことがわかるのですが、彼はお義母さんお金を渡していたり、お義母さん“ウチのはいい会社に勤めているんだよね”と言いながら、周囲の人からちょこちょこお金を借りているんです」

お義母さんは、西東京方面で飲食店を経営しているそう。そこで常連さんから数万円ずつ借しては、その返済を息子に頼って来るとか。

「今までは年に2~3回で総額20万円程度だったのですが、先日は私の会社に、見知らぬ男性から電話がかかってきて、私を呼び出すんです。その人は“あなたのお義母さんに76万円用立ててあげたのに、かえってこない。すぐに返してくれ。今日中に返してくれないと警察通報する”というので、あわててお義母さんに連絡をして、事実を確認。お義母さんはウチの会社まですっ飛んできて、私に返済を依頼。あまりにも切羽詰まっていそうだったので、その日のうちに、その男性に振り込みました」

旦那様にそのことを報告すると、「ふ~ん」で終わり。

「何のお礼もなく、その後も“お金を出すのは当然”というふうに振る舞っている。今では親子でグルになって、私からお金を引っっているんじゃないかと思います」

その一件があった1か前に旦那様は、携帯電話販売会社からイベント会社に転職出張増したといいます。

契約社員なのに、沖縄福岡仙台札幌と毎週末のように出張に行っています。会社のSNSを見ると、確かにそのエリアイベントをしているのでウソではないと思いますが、日帰りで済むようなところに、1~2泊するんです。ほかにもおかしいところはたくさんあります。お願いします、徹底的に調べてください」

旦那様はお金が足りなくなると、消費者融などですぐに借りてしまう癖があるといいます。

※本連載はプライバシーに配慮し、体験内容を変えない程度に一部書き換えています。

浮気と確信したのは、飛行機が大幅に遅延したのにLINEが既読に……実家の2階に住む子供の子?~その2~に続きます。

関連画像