7月12日(水)に放送された、お笑いコンビ・バナナマンの日村勇紀の冠番組『日村がゆく』(AbemaTV)のハワイロケ編で、バーベキュー対決の企画が行われた。


 同企画は、この日ハワイへ駆けつけた相方の設楽を日村がおもてなしするため、ハワイにある料理店「サムズキッチン」のオーナーを務めるサム、番組名物スタッフのイモDの2人とバーベキューでおいしさを競うというもの。

 3人は作る料理を自分で決め、日村は「お好み焼き」。サムは「ステーキ」「ガーリックブレッド」「スモーク&フレッシュサーモン焼き」の3品。イモDは「生姜と豚肉のスープ」「焼き鳥(ハツ)」「チャーシュー」の3品で争うこととなった。

 調理中には、設楽は3人が料理を作る姿を見学する姿も。イモDのチャーシューやサムのスモーク&フレッシュサーモン焼きの途中経過を見ながら「超うまそうじゃん、勝ちだよ」と絶賛。明らかに不利と思われる日村に「がんばらないと。今の時点では2チームが圧勝だよ」と応援するシーンも見られた。

 最初に料理が出来上がったのはサム。設楽はガーリックステーキを一口食べると「うまい!めちゃめちゃうまい。もう1位だよ。おいしい!ガーリック超うまい」と褒め称えた。スタッフから味見を薦められた日村は「わあ!なにこれ!本当かよ!」と料理の見た目だけでも驚きの声を上げ、一口食べると「これはやばい。マジで」と相当おいしかった様子。

 続いてイモDの料理へ。生姜と豚肉のスープを食べた設楽は「これ好きな味。うま。これうまいね」。ハツに対しても「うま!塩加減抜群!ハワイのビーチでハツを食えると思わなかった」。焼き豚には「ハワイで店ができるんじゃない?ハワイでいろいろ食ってる中でも上位に来るくらいじゃない」と3品とも気に入ったようだ。しかし、日村は一口味見すると「うまいのは認める。でも驚きはねえな」と負け惜しみなのか、上から目線で意見を述べた。

 最後に日村のお好み焼きの番に。見た目に対しては「まあ、お好み焼きだね。ちょっと焦げてる感じもあるけど」と設楽。口にすると少々、苦い表情を浮かべながら「うん、焦げてる」と一言。「焦げてなかったらいい感じな気がする。焦げてるから全部が焦げの味になってる。でもな、うまいかもな。食べてみて」と日村に勧めると「うまいじゃん」と自画自賛する日村。

 すべての料理を食べ終わった設楽は「思っていた以上のものが出てきたね。すごかった。正直おいしかったです。全部。日村さんのも含めて。だから順位をつけるのは申し訳ないから、3人が3位ということで」となぜか全員を最下位に。すると日村は「全員が1位じゃないの?普通こういうときには全員トップじゃないの? 全員ビリにはならないでしょ」とツッコみ。

 すると「どうしてもつけろって言われたらつけるけど」と設楽。考えた末に、1位はイモD。2位はサム。3位は日村という結果を発表した。最下位になった日村は罰ゲームとして、番組特製ジュース「ヒムダインストロングゼロ」を飲まされ、「まっじい。本当に気持ち悪い」とリアクション。「ヒムダインストロングゼロ」の味がちょっと気になると一口味見した設楽は「ああ~気持ち悪い。なにこれ、まず!」と飲んだことを後悔した様子でバーベキュー対決は終了した。『日村がゆく』はAbemaビデオにて配信中

(C)AbemaTV