近年増加している、害獣被害シカイノシシサルなどの食以外にも屋の天井裏に侵入して棲み着き、建物に被害を加えるタヌキハクビシンも問題となっています。そんなハクビシン天井裏に棲み付いた結果、とんでもない事になっている様子がSNS投稿されています。

【さらに詳しい元記事はこちら】

 バイクツーリングの様子「モトブログ」の数々をYouTube投稿しているアシカレコーズさんの自宅にどうやら長年棲み付いていたらしい、ハクビシンのつがい。先日の長期にわたる大で傷んでいた天井ハクビシンの重みに耐えきれなくなったのか、ついに天井が抜け落ちてしまいました。そしてと一緒に落ちてきたハクビシン


 「ずっと天井裏で生活してたハクビシン夫婦が腐った天井ぶち抜いて落ちてきた…」と、その時の様子をツイッター投稿しています。この天井裏にハクビシンが棲み付いていた事には以前から気が付いており、尿被害もあったものの、修工事を予定していた事もあってそのまま工事の時まで様子を見ていくつもりだったという事です。が、それを待たずして天井裏から降ってきたハクビシン。この様子を見た人たちからは、「天井裏にフンの山が出来てるはずなので、業者を頼んで撤去・消毒してもらわないと、あとからが湧いて大変なことになります。うちもやられたので。」という体験談が寄せられたり、落ちた天井付近に置かれている年代物のテレビが気になる人が出たり……。

 年代物の日本屋というアシカレコーズさんの自宅は隙間の多いつくりという事ですが、一度天井裏に動物が棲み付いてしまうと、尿による柱やの傷みや、ノミやダニといった病原性が発生したりと衛生的にも悪影となってしまいます。落ちてきたハクビシンたちにはアシカレコーズさんの自宅にいる飼い猫も迷惑していたようで、「ハクビシンとかマジで勘弁してほしい」と憤慨している模様。

 ハクビシンアライグマについての被害は近年、郊外の住宅地でも相次いでおり、日本各地での被害が報告されています。東京都でも住宅街ハクビシンが棲み付いていたという例があり、「東京都アライグマハクビシン防除実施計画」を策定し、本格的な被害対策に乗り出しています。郊外を食い荒らす食以外にも、電線を渡って屋の天井裏に入り込み繁殖する、一か所にを溜める、天井裏を駆け回る騒音など生活に支障をきたす事も多々。また、に棲み付いて周辺地域に被害が出るといった例も相次いでいます。

 宅地開発などで人間の居住区が野生動物がいた場所と被る事でこうした住宅地での害獣被害も広がっているようですが、里山でも以前から問題となっている害獣問題。放置する事によって健康被害もあるので、現在問題を抱えている住宅ではめの対策を行った方が良さそうです。

<参考>
野生鳥獣被害防止 マニュアル – 農林水産省ホームページ(PDF)
アライグマ・ハクビシン対策|東京都環境局

<記事化協
アシカレコーズさん(@ashika_records)

みいな)

天井裏からハクビシンが降ってきた!大迷惑の害獣夫婦に猫もおかんむり