昨年12月の上映開始以来、ロングランヒット中のインド映画バーフバリ 王の凱旋』。同作の監督、S.S.ラージャマウリが手がけた『バーフバリ』のまさに原点とも言うべき作品『マガディーラ 勇者転生』の8月31日()から日本開されることが決定した!

【写真を見る】『バーフバリ 王の凱旋』には“あの作品”の有名すぎるシーンへのオマージュも!

いまから20年前の1998年、『ムトゥ 踊るマハラジャ』が開されるや、一大ブームを巻き起こしたインド映画。歌と踊りが大胆にフィーチャーされた映像で描かれる物語日本人にとってまさにカルチャーギャップを感じさせるものだった。

そして、昨年日本開された『バーフバリ 伝説誕生』とその続編の『バーフバリ 王の凱旋』。両作ではインド映画の代名詞である“歌と踊り”はもちろん、香港カンフー映画ハリウッドのド手なアクション映画的な見せ場を盛り込み、仰々しいまでに演出された物語に観客はすぐさまトリコに。口コミやSNSでの評判が、さらなる中者を生んだ。

劇中のキャラクターに合わせてセリフを叫んだり、サイリウムを振ったりという絶叫上映や爆音上映も人気になった。個性豊かなキャラクターによるLINEスタンプ、劇中歌のカラオケでの配信もスタートし、さらにはコミカライズもされるなど、本のみならず日本でも一大ブームとなっている。

今回開が決まった『マガディーラ 勇者転生』は2009年インド内で上映されるや、1000日をえるロングランヒットを記録したスペクタクル・アドベンチャー。邪悪な陰謀によって非業の死を遂げた主人公400年後に生まれ変わり、かつての人の生まれ変わりである女性に落ちる。だが、かつて2人の仲を裂いた男もやはり生まれ変わっていて…という輪廻転生的なストーリー

運命に翻弄される主人公や、全編通してのとにかくド手な展開など、いたるところに『バーフバリ』の原点ともとれる要素が見られ、思わずニヤリとしてしまうはず。『バーフバリ』は未見という人も、人々を熱狂させるインド映画の楽しさをぜひ実感してほしい!(Movie Walker・文/トライワークス)

壮大なスケールで描かれる愛の物語『マガディーラ 勇者転生』。この作品があったからこそ『バーフバリ』が生まれたと言えるだろう