唐太宗の治世は中国史上でも最も栄えた時代の一つで「貞観の治」と呼ばれ、後世の賢帝と呼ばれた皇帝たちも政治のお手本とした時代であった。『貞観政要』は唐太宗と太宗を補佐した名臣との政治問答集で、日本では徳川家康が非常に愛好していたのをはじめ、数々の為政者が『貞観政要』から為政者たるものどうあるべきかを学んだ。

貞観の初め、太宗は魏徴に言った。「賢明な君主、愚かな君主とは何をもって言うのだろうか」。

魏徴はこう答えた。「賢明な君主はあまねく広く臣下の話を聞きます。愚かな君主は気に入った臣下の話しか聞かず信じようとしません」。詩には「先人言うあり芻蕘(すうぜい)[1]に問う」とあります。古の聖なる天子、堯、舜の代には四方の門を開き、世の中の動きをよく捉え、広く人々の話を聞き、その恩恵の行き届かないところはありませんでした。だから共工[2]や鯀[3]など悪しき輩も目や耳を塞ぐことはできず、言葉だけはよいが行動が伴わない者に惑わされなかったのです。」

秦の二世(胡亥)は宮中深く起居し、宦官の趙高以外の家臣を遠ざけ、趙高だけを信じ、天下が乱れ人心が離れるまで、気づくことができませんでした。梁の武帝も寵臣の朱异だけを信じ、将軍の侯景が反乱の兵を挙げて宮廷に向かってきても、まだ信じようとしませんでした。また、隋の煬帝も、側近の虞世基の言うことだけを信じ、賊が城を攻め村を荒しても、気づくことが出来ませんでした。

「このような例でも明らかなように、君主たる者が臣下の意見をあまねく聞くならば、よく下々の実情を知ることができるのです」

太宗は魏徴の言葉に大いに頷いた。

(大道修)

唐太宗(パブリック・ドメイン)