日立ソリューションズ・クリエイトは12日、高度なセキュリティやハッキングの知識を有する当社のセキュリティ技術者(以下、ホワイトハッカー)が、顧客のシステムにおけるぜい弱性の有無を確認する「セキュリティ診断サービス」の提供を開始したことを発表した。

同サービスは、Webアプリケーションのぜい弱性を利用したサイバー攻撃に狙われる企業に対し、セキュリティ侵害・情報漏えいなどの脅威から機密情報を守り、継続的なセキュリティ対策を支援するもの。

同社のホワイトハッカーによる手動診断と、高度なセキュリティ診断ツールを組み合わせて、顧客のニーズに合わせたきめ細かな診断が行われる。

企業システムを新たな脅威から守るため定期的にシステムを診断し、セキュリティ診断の結果発見したぜい弱性について、その内容と対策方法がセキュリティ診断報告書にわかりやすくまとめて提示される。これにより顧客は、セキュリティ上の問題点を客観的に把握でき、効果的なセキュリティ対策を行うことが可能となる。

なお、セキュリティ診断作業は、顧客が外部に公開しているシステムに対してはリモートで、内部ネットワークに置かれたシステムに対しては顧客先(オンサイト)で、日立ソリューションズ・クリエイトのホワイトハッカーが実施するという。同サービスの提供価格については「個別見積もり」とのことだ。
(早川厚志)

画像提供:マイナビニュース