【元記事をASCII.jpで読む】

 ラングレスは7月11日、犬の心をよみとくデバイス「INUPATHY」(イヌパシー)の予約注文を開始すると発表した。受付開始は、7月15日の11時から。

 INUPATHYは、愛犬の感情の変化を5つの色で教えてくれるデバイス。心拍センサーが内蔵しており、拍数の微細な変化を分析。自律神経の活性状態をくわしく分析することで犬の心を分析する。現在わかる犬の感情は、リラックス・ドキドキ・ハッピー・好奇心・ストレスとなる。

 解析アルゴリズムは、犬の心拍を高速で解析するように設計。ほぼリアルタイムで分析結果を表示可能。犬が何かを感じると、即座に反応がINUPATHYにも現れるという。

 ハーネス型となっており、毛を剃る、ジェルを塗るなどの処置は不要。利用する際は、電源ボタンを押して愛犬に着せるだけ。専用アプリと連携することで、毎日の記録を確認できる。

 なお、胸囲27cmから胸囲110cmまでの犬に対応。また散歩用には使用できないとしている。

 先着111台の一般先行予約早割価格が3万2076円、一般先行予約価格は3万5640円。先行予約ページにて購入できる。

愛犬の感情の変化を5つの色で表示するハーネス、予約受付開始