日本でも異例のヒットを記録した超大作インド映画「バーフバリ」シリーズ。その「バーフバリ」を手掛けたS.S.ラージャマウリ監督の代表作「マガディーラ 勇者転生」の日本劇場上映が決定しました。上映開始は8月31日から。

【その他の画像】

 「マガディーラ」は2009年にインドで公開された、製作費4億ルピー(約6億万4000万円)という当時テルグ語映画史上最高額で作られた1作。監督・脚本のラージャマウリさんはもちろん原案、撮影、音楽、編集などスタッフがほぼ全て「バーフバリ」2部作と同じチームにより制作されたものです。

 物語は現代に転生した400年前の戦士バイラヴァが、前世で叶わなかったミトラ姫との悲恋を成就させるために奮闘するというもの。「バーフバリ」に見劣りしない豪奢な過去パートと現代劇が入り乱れる壮大なスケールで、当時インドで一大ブームを巻き起こしました。

 日本で公開されるのは、今回新たに再編集された「ディレクターズ・カット国際版」。4月の来日で日本ファンの熱気に感動したラージャマウリ監督が帰国直後自ら再編集を行ったものとのことです。

 「マガディーラ 勇者転生」は8月31日より新宿ピカデリー、なんばパークスシネマほかで全国順次ロードショー。

(C) GEETHA ARTS, ALL RIGHTS RESERVED.

「バーフバリ」スタッフによる傑作