株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長松原 以下KADOKAWA)は、2018年7月13日90年代を懐かしの誌面で振り返る「関西ウォーカー クラシック」を発売いたします。

表紙は常盤貴子。背景は98年に完成し当時大きな話題となったHEP FIVEの観覧車
94年に創刊した情報誌「関西ウォーカー」が、18年5月に創刊600号を突破しました。これをきっかけに、懐かしのバックナンバー誌面で90年代を振り返る一冊「関西ウォーカー クラシック」を7/13()に発売します。人気スポットのオープン当初の姿や当時のブーム・遊びに人気グルメまで、あのころの思い出がよみがえります!

記念すべき表を飾るのは、90年代の表に最多登場の記録を持つ常盤貴子さん。インタビューでは、ドラマの撮影に明け暮れた当時のエピソードってくれました。表初登場だった952月発売号について、当時出演中だったドラマ「私の運命」で、俳優としての“居ずまい”を学んだという話も。

巻頭特集は「表で振り返る 関西ウォーカー90年代」。創刊号をはじめ、94~99年の表を並べています。冒頭の「表登場回数ランキング」は必見! タレントが出演していた当時のドラマ映画の名シーン、歌っていた名曲の数々が頭の中を駆け巡るはず。

続いて年代順に90年代を振り返る「90年代関西」。関西ウォーカーで16~17年に連載されていた記事をまとめたもの。エッグタルトアウトレットブーム、スパ銭登場前の「健康ランド」など、当時の遊び事情を俯瞰できます。

メイン特集の「90年代へ行こう!」。こちらはウォーカー人気特集ジャンル別に、90年代の誌面をまとめています。バブルの余韻残るクリスマスや、大人気特集だった食べ放題、スノボが少数だった90年代前半のスキーなど、当時の誌面を豊富に掲載。90年代疑似体験しているかのよう。
夏の恒例特集。94年当時の誌面で、水着はやっぱりハイレグ
94年創刊号のメインは、ウォーカーを象徴する「花火特集」だった。表紙は桜井幸子
バブルさめやらぬ94年のクリスマス特集
関西ウォーカーが伝えた あんなこと、こんなこと」では、新名所や話題を一気に紹介。たまごっちブームX-ファイル上陸、お正月映画の大本命「タイタニック」やレンズ付きフィルム紹介など、当時の記憶を呼び覚ます数々のネタズラリ。ほか、過去の連載ページからも興味深い誌面をセレクトして掲載しています。「ビデオLD」という時代を感じるジャンル名や、関西ならではの「お笑い」連載に登場した若き日の千原兄弟なども注してみてください。
たまごっちブームやケータイ最新事情を、当時の誌面で振り返る
94年冬に発売された「次世代ゲーム」にときめいた。プレステやセガサターンがこの時期
97年夏にオープンし話題を呼んだフェスティバルゲート
94年に関空まで開通した「湾岸高速」をオープンカーでドライブ
一部の誌面については実際の大きさに近い状態で掲載しているので、当時を思い起こしながら読んでみてください。当時を詳しく知らない若い世代にとっても、90年代の世相に新しい驚きがあるはず。

関西ウォーカー クラシック』は7月13日)発売。お近くの書店・コンビニ、各ネット書店でお買いめください。

(書誌情報
表紙は常盤貴子。背景は98年に完成し当時大きな話題となったHEP FIVEの観覧車
関西ウォーカー クラシック
定価(本体850円+税)
発売日:2018年7月13日
:常盤貴子
発行:株式会社KADOKAWA
https://www.kadokawa.co.jp/product/321804000855/

SNS&WEB情報発信中!
公式サイトの「関西ウォーカーWEB」やSNSで、編集部員が毎日情報を発信中。誌面に掲載されていない情報やレポートもいっぱいです!

関西ウォーカーWEB
https://kansai.walkerplus.com/
関西ウォーカー公式Twitter
https://twitter.com/kansaiwalkers
関西ウォーカー公式Instagram
https://www.instagram.com/kansaiwalkers/
関西ウォーカー公式facebook
https://www.facebook.com/kansaiwalker
niconico関西ウォーカーTV」で検索
※「関西ウォーカーTV」はFRESH!でも配信。不定期配信ですので、スケジュールTwitter等でチェック

(関連サイト
イベント&おでかけスポット情報ウォーカープラス
http://www.walkerplus.com/

配信元企業株式会社KADOKAWA

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ