湯川秀樹博士大阪帝国大学助教授であった1938年の自筆の研究室日記湯川研究室理論コロキウム記録」をホームページ上で初
のちのノーベル賞研究者が日々切磋磨する生々しい研究活動の記録を、一般の方も簡単に閲覧することが可


このたび、大阪大学総合学術博物館湯川記念室と京都大学基礎物理学研究所湯川記念館史料室は連携して、湯川秀樹博士大阪帝国大学助教授であった1938年の自筆の研究室日記湯川研究室理論コロキウム記録」を、7月6日から各室のホームページ上で初開しました。

湯川博士1933年に大阪帝国大学理学部講師(兼任)、翌1934年には専任講師となり、1936年から1939年5月まで大阪帝国大学理学部助教授を務めました。この間、湯川博士素粒子物理学の研究に従事し、中間子論を発展させました。特に、1934年11月中間子論第1論文を発表し、この研究成果により1949年、日本で最初のノーベル賞を受賞しました。

今回、湯川博士が記し残した研究史料を広く一般の方々に知っていただき、科学に対する興味を深めていただくことを的に、京都大学基礎物理学研究所湯川記念館史料室に保存されている研究室日記シリーズ15冊から、第1冊(s04-19-01)の前半をホームページ開予定です。
図1 理論コロキウム記録の表紙
図2  例:第15回理論コロキウムの記録の1ページ目。167号室にて6月18日午後1時30分より開催、集会者6人、武谷三男氏がFrohlich達の論文を紹介したとある。
  • 湯川研究室理論コロキウム記録」について

今回開する研究室日記の表には湯川博士の字で、「理論物理学 研究室記録(京大)」、「理論コロキウム 記録(阪大1938-1939 I」と書かれています(図1)。このノート前半が大阪帝国大学助教授時代の1938年4月21日から12月23日までの31回分の研究室活動の記録になっています。

湯川博士1939年5月26日京都帝国大学教授に任ぜられ、京都帝国大学理学部物理学教室に転任しました。ノートの後半は転任してからの記録です。

の最初の3行と最後の「(阪大)」「1939」「I」文字は、京都帝国大学転任後に書き加えられたものです。

また、ほかの研究史料(論文原稿、講演原稿、計算ノート、書簡など)の一部も本年以降に、同じくホームページ上で開予定です。



「理論コロキウム」:研究室のセミナー、勉強会を湯川博士は「理論コロキウム」と呼んでいました。研究室のメンバー外の人も参加していました。


ページについて>

大阪大学総合学術博物館湯川記念室ホームページ
http://www-yukawa.phys.sci.osaka-u.ac.jp/YukawaLab1938.html


京都大学基礎物理学研究所湯川記念館史料室ホームページ
https://www2.yukawa.kyoto-u.ac.jp/~yhal.oj/index.html


これまで、京都大学基礎物理学研究所湯川記念館史料室が管理する湯川博士の資料は、なかなか一般には見られないものでした。

今回、大阪大学京都大学の共同の取り組みにより、ホームページ上での開が実現することになりました。

  • 本事業の意義、特筆すべき内容

本事業は、湯川博士の研究の足跡に一般の方でも簡単に触れられるようになり、物理学の研究に携わっている方、研究を志している方にとって有意義であるとともに、広く一般の方に科学への興味を持っていただけるひとつの機会となることが期待されます。

湯川博士大阪帝国大学時代、研究室の同僚とともに毎週のようにセミナーや勉強会を開いて最先端の物理を理解し、研究を推し進めました。この理論コロキウム記録から、その時湯川博士が研究に没頭し議論を深めていく姿が見て取れます。これからの若い研究者を勇気付け、見本ともなるものです。



大阪大学
http://www.osaka-u.ac.jp/

大阪大学日常facebookInstagram開中。
https://www.facebook.com/OsakaUniversity
https://www.instagram.com/OsakaUniversity/

配信元企業国立大学法人大阪大学

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ