“永遠の17歳”こと声優の井上喜久子さんの声をベースにしたボーカロイド「VOCALOID 桜乃そら(はるのそら)」が7月26日に発売されることが決定しました。本当に永遠になったんだね……。

【画像】真の“永遠の17歳”となった井上喜久子

 今回発売されるのは、4年ぶりのバージョンアップを果たしたVOCALOID5対応ボイスバンク「VOCALOID 桜乃そら」と、テキスト読み上げソフト「VOICEROIDシリーズ」の最新版「VOICEROID2 桜乃そら」の2種類。ボカロ版では、優しく柔らかい声質の「ナチュラル」と、張りのあるのびやかな声質の「クール」の2パターンが用意され、それぞれのイメージに合わせたキャラクタービジュアルも公開されています。なお、桜乃そらは17歳です。今も昔もこれからも。

 発売元であるAHSの公式YouTubeチャンネルでは、VOCALOID5や桜乃そらの実力が分かるデモ曲として、田中公平さん作曲、畑亜貴さん作詞というアニソン界のレジェンドコンビによる「どんな言葉なら届きますか?」が公開中。田中さんは、「エンジェルボイスの井上喜久子さんが、ボカロになってどんな歌でも歌ってくれるようになる。ファンの方々にとっては夢のような出来事。我々、プロにとっても同じです」とコメントしており、畑さんも「なんと贅沢なプロジェクトなんだと感動しております」と喜びの言葉を残していました。

 ボーカロイドという形で本当に“永遠の存在”になった井上さん(おいおい)。ファンからは、「井上喜久子さんのボーカロイドだと…!?」「大ニュースすぎる 買わねば」「どう考えてもいいとこしか見当たらない。さすが永遠の17歳」「すげえな井上喜久子さんの声で読み上げとかやってくれるのかよ」など歓喜の声が多くあがっています。

桜乃そらのキャラクタービジュアル (C) 2005-2018 AHS Co. Ltd. All rights reserved.