JVCは7月12日、XXシリーズ(XTREME XPLOSIVES)初の完全ワイヤレスイヤホン「HA-XC70BT」を発表した。8月上旬に発売する。価格はオープンで、推定市場価格は15,000円前後(税別)。XXシリーズの「重低音&タフ」というコンセプトを継承している。

HA-XC70BTは、Bluetoothでデバイスと接続して音楽を聴ける完全ワイヤレスイヤホン。内蔵アンプが低音を増強するバスブーストモードを搭載。好みに合わせて低音を調整できる。

ハウジング全体をタフ・ラバープロテクターが覆い、衝撃からイヤホン本体を守る。本体にはリモコンとマイクを備え、曲のボリューム調整や一時停止が可能。接続しているスマホに届く着信にも応答できる。

専用アプリ「JVC Headphones Manager」も用意。ピープ音とLEDの光でイヤホン本体の位置を知らせる「FIND」機能などを使える。

また、HA-XC70BTには東京海上日動火災保険の動産総合保険を付帯。保証期間中(購入してから一年間)にイヤホン本体やケースを破損したり、紛失したりしても、5,000円を支払うことで一度だけ新品と交換できる。

再生周波数帯域は20Hzから20kHz。Bluetoothのバージョンは4.2で、対応コーデックはSBCとAAC。連続再生時間は約3時間。充電は付属のケースで行い、イヤホン本体を約3回充電可能だ。充電ケースにもタフ・ラバープロテクターを採用している。ケースにはリングが付いており、カラビナなどでリュックに取り付けられる。パッケージには、Sサイズ、Mサイズ、Lサイズのイヤーチップと充電用のUSBケーブルが付属する。
(瀬尾俊輔)

画像提供:マイナビニュース