今やドラマ映画CMに引っりだこの人気俳優竹内涼真さんが登場。新作映画は初のラブコメ作品で、しかもヒネクレ者の先生という新たな役にチャレンジしたと聞き、さっそくその見どころや撮影秘話などをインタビュー!このデートプランに、キュン死確実です

【詳細】他の写真はこちら


オトナ俳優に成長中!竹内涼真



■ヒネクレ者のを演じる 上で大事にしたのは“線”
女子高生先生をするというのは、少女漫画世界ではもはや鉄板シチュエーション。でも、先生役を演じるのが今をトキメク竹内涼真さんで、しかもヒネクレ者なキャラとくれば、胸キュン必至、見逃せません! 

物語役は、しちゃうようなパワフル高校1年生で、告白7連敗中のあゆは(浜辺美波)。ある日、クラス担任の代理でやってきた数学教師をしてしまいます。長身イケメンですが、その性格は冷徹でひねくれ者。「絶対に先生を落としてみせます!」と宣言するあゆはに、「そこまで言うなら落としてみなよ」と挑発する。するとあゆはは、全方向に間違ったの猛アタックを開始してしまう……。

原作は、累計150万部を突破した、幸田もも子さん原作人気作『センセイ君主』。
「最初に、原作漫画を読んだ時からすでには、先生として読んでいました。その時っ先に感じたのは、は “恋愛べたで、不器用な人”。これは第一印からクランクアップしたあとまで変わりませんでした。実際の撮影では、漫画で読むとしっくりきても、リアルな会話だとなかなか出てこない浮いてしまうようなセリフをどう表現するかをすごく話し合いました。そのために、まずはという人間をちゃんと作らないと、って。そもそも、自身がただカッコいいだけの言葉を発するのが苦手なんですね。仕事でもプライベートでもいつでも、ちゃんと気持ちが伴った言葉を言いたくて。不器用がゆえに口数も少ないし、表情も多くないからこそ、なぜその言葉を今言うのかという理由や意味をちゃんと持たせたかったんです」




■役作りは、さらにこんな細かいところにも。
「今回はの動きをとても大事にしました。アクティブな動作があまりない分、感情が出やすいの動きで繊細で微妙な心の揺れ動きなどを表現すると、の魅とかキャラがもっと際立ってくるのではないかな、と思ったから」

確かに、眼鏡越しの冷静な視線、怒った時の強い瞳、隠しきれない動揺したの動きなど、言葉はなくとも心が透けて見えるようで、思わずドキドキ!


かを好きになったら しっかり観察、分析してから 動くタイプだと思います
失敗したくないので、無計画にぶち当たろうとはしませんね。だって、フラれたくないじゃないですか。告白してフラれる理由って、自分が相手をよく見ずに、リサーチもしていなかったことと、自分だけの思いで突っ走っちゃったことなのかなって思うんです。だって、相手が自分に興味があるかどうかなんて、メールの返信とか態度を見てればわかるんじゃないかなって。だから相手のことを好きなんだったら、まずは相手の今思っていることを理解するほうが大切な気がします。もちろん、アラサー女性を好きになったら、しっかり観察して分析しますよ」




■そこで、アラサー女性の魅を聞いてみると、 分析した上でこんなアドバイスまで!
アラサー女性の魅は、言うまでもなく経験と知識が豊富なことだと思うんですが、でもそういうのが増えるほど、大人っぽくいなくちゃいけないと自分にいろんな言い訳をして、制限してしまってるような気がするんです。だから、高校生の時のような邪気さとか、素直な思いを一度思いきって出してみるといいかもしれませんよね。大人女性の、ふとした邪気さ、子供っぽさみたいなところはものすごく魅的に感じますから。子供っぽさ? 全部ですね!(笑)


このデートプランは、 手料理でどうですか


は大好きなので絶好調になるんです。だからアクティブに行きたいところなんですが、最近実は自炊の楽しみを知ってしまったんです!たまたま行ったデパ地下が楽しすぎて、食材をたくさん買ってカレーを作ったんですけど、これがもうウマくて、ウマくて! 料理を美味しくする方法は、やっぱり味見をたくさんすることなんですよね。この日は、トマトベースアレンジしたキーマカレーだったんですが、最後に素揚げした野菜をトッピングするというひと手間もかけました(笑)。だから、デートの日は、とか買い物に行った後に、ちょっといいスーパーで一緒に食材の買い出しをして、あとは料理から皿洗いまで全部やります。だから君はソファーに座って、ゆっくりテレビでも観てて。これがデートプランです。どうですか?いいでしょ


Information 『センセイ君主


クラス担任の代わりにやってきた、イケメン数学教師をしてしまったのは、高1の佐丸あゆは。先生と生徒という禁断のもなんのその、の気持ちも視して強引にアタックし続けるあゆは。そしてそんな恋愛バトルに、あゆはの幼馴染の虎、さらに幼馴染も参戦!? 果たして、行方は……。

原作:『センセイ君主』幸田もも子(集英社
監督
脚本:吉田恵里香
出演:竹内涼真浜辺美波ほか
配給:東宝
©2018「センセイ君主制作委員会
©幸田もも子/集英社


Profile
けうち・りょう
1993年4月26日生まれ、東京都出身。2013年俳優デビュー。先まで放送のドラマブラック・ペアン』(TBS)も話題に。2018年には出演映画『走れ!T校バスケット部』が開予定。7/12には3rd写真集「Ryoma Takeuchi」が発売。7/22から池袋PARCOで、8/10から梅田LOFTほか全で開催される初の写真展「unreleased」も注
(andGIRL

胸キュンが止まらない♡竹内涼真が考えるこの夏のデートプランとは?