西日本を襲った記録的豪雨で、被災地では断水が続く。水不足で歯磨きなどの口腔ケアができない状態が続くと、口の中の細菌が増殖し肺炎などになる可能性があり、日本歯科医師会は「災害時こそ口腔ケアをしてほしい」と注意を呼びかけている。

この記事をもっと詳しく読むにはこちら