毎年さまざまな舞台に4人で主演してきたふぉ~ゆ~が、今年は1990年代に活躍した劇団カクスコの『年中無休!』に挑むことになり、6月25日に製作発表が行われた。出席したのはふぉ~ゆ~、共演の大高洋夫と八十田勇一、演出のウォーリー木下、そしてカクスコ主宰の中村育二。ふぉ~ゆ~がカクスコについて、「大人気を博した伝説の劇団」「小劇場ブームを引っ張っていた」などと紹介すると、中村は「ちょっとオーバーなところもあったけど、気持ちいいから全然オッケー!」と笑顔を見せた。

情報番組でレギュラーを務めるふぉ~ゆ~らしく、作品紹介はフリップを用いて行われ、福田悠太を中心に賑やかに進行。リサイクルショップで働く6人の男たちの何気ない日常がオムニバスで綴られる合間に、さまざまな演出やパフォーマンスが差し挟まれることが明かされた。カクスコ名物だったアカペラ歌唱はもちろん、「人間ピタゴラスイッチみたいな舞台転換」(木下)、「舞台セットにある古道具を使ったストンプ」(越岡裕貴)、「僕たちがウォーリーさんの舞台を観てぜひ取り入れたいと思ったハイレベルな映像マッピング」(辰巳雄大)、「得意とさせていただいているダンス」(福田)といった今回ならではの趣向も取り入れるようで、これはカクスコとふぉ~ゆ~、どちらのファンにとっても見逃せない舞台となりそうだ。

カクスコといえば、冴えない“おじさん”のユル~い会話が持ち味だった劇団。それを“若手イケメン”のふぉ~ゆ~がやるというのは意外な組み合わせにも思えたが、この会見では両者の共通点も浮き彫りに。それは、愛すべき“おバカ”であることだ。

フリップトークの途中で「どこまで読んだか分からなくなりましたね」と迷子になった福田。「日本代表のように誰一人欠けてもいけない作品」「大事なのはチームワーク」「ハンパねー! と言われたい」など、サッカーに掛けたコメントにこだわり続けた辰巳。ストンプの説明をしたあとで「……ってことで合ってますか?」と演出家に助けを求めた越岡。「年中無休という言葉、素晴らしいと思いませんか? ふぉ~ゆ~もね、これからずっと休みがないような、大変忙しくなったよって言われる舞台をね、育二さん」と松崎節を炸裂させ、中村を苦笑いさせた松崎祐介。彼らなら、カクスコ作品に特有のあの心地のいい空間を、彼らならではの形で再現してくれるに違いない。

本公演は7月26日(木)~8月6日(月)までTHEATRE 1010にて上演、その他、地方公演あり。

取材・文=町田麻子