サッカー日本代表の次期監督候補に森保一氏が浮上した。森保氏は現在、東京五輪に向けて五輪代表の監督を務めている。日本代表も率いることになれば、トルシエ監督以来の兼任監督になる。

「森保監督は2012年にミハイロ・ペトロヴィッチ監督の後をついでサンフレッチェ広島の監督に就任。いきなりJ1優勝を成し遂げ、翌年も優勝し連覇を達成した名将です。今、サッカー協会が最も評価している日本人監督ではないでしょうか。ロシア大会では西野朗監督の下でコーチを務めていますが、これは協会が森保さんに経験を積ませるためだと言う人もいます。西野ジャパン誕生の段階で次期監督の候補に挙げられていたのは間違いありません」(スポーツ紙記者)

 兼任監督という点を見ても協会が高い信頼を寄せている証拠。森保ジャパンの活躍に期待がかかる。そんな森保監督には、現役時代は無名だったことが原因で、こんな恥ずかしエピソードがある。

 森保監督は高校時代、選手権など全国大会に出場することができず、無名の存在のままマツダ(現サンフレッチェ広島)に入団。ここでハンス・ヨハン・オフト監督に見出され、1992年にオフト監督が日本代表監督に就任した時、初めて代表メンバーに選ばれた。

「マツダが1部と2部を行ったり来たりしていたこともあり、代表の常連選手たちのほとんどが森保さんを知らなかったそうです。代表合宿に招集されたある選手はメンバー表に書かれた『森保一』の名前を見て、『もり…ぽいち?これ誰なの?』と聞いたとか。森保さんは高校生の頃から『ぽいち』と呼ばれていたこともあり、代表でも定着。みんなから『ぽいち』と呼ばれ可愛がられました」(スポーツライター)

 まるで犬のようなニックネームだが、本人は気に入っているようで「ぽいち」というタイトルの自伝まで出している。森保監督にしてみれば愛すべき歴史なのだろう。ぽいちジャパンの今後が楽しみだ。

アサ芸プラス