わずかな時間でハートをつかむ。そのためには秀逸なコピーと、群を抜くビジュアル、そしてに焼き付けるセーラー服があれば、そのCMは勝ったも同然。

 1985年オンエアされた斉藤由貴の「青春という名のラーメン」(明星食品)は、これまでのカップ麺CM常識をくつがえした。

CMは何バージョンかあったが、セーラー服姿のものが印深い。それまでのキャピキャピとしたアイドルと違って、そこか暗い表情ながらも存在感は驚異的。悩み多い青春の時期に、彼女の存在は悩みや葛を分かち合えそうな感じがした」(アイドル評論家織田二氏)

〈純情に、オトナすぎるということはありません。誘惑に、幼すぎるということはありません。胸さわぎは年齢を問いません。〉という文学的なコピーを前面に押し出し、さらにデビュー曲にして青春ソングの名盤である「卒業」がバックに流れる。商品そのものは短命に終わったが、CMコンセプトとしてはり継がれるものになった。

 制服美少女が転校してくるという男子永遠の夢をかなえたのは、87年の宮沢りえに始まる「三井のリハウスシリーズだ。

「今度転校してきました白鳥麗子です」

 バイオリンを弾くバージョンなど、黒髪の美少女は時代の革命児となった。

転校生制服をからめた素晴らしいCM。当時の宮沢りえは、映画ぼくらの七日間戦争』や、とんねるずの番組での学園コントなど、制服姿での出演によって大きく飛躍しました」(美少女研究高倉文紀氏)

 そして「三井のリハウスシリーズは、一色紗英や池千鶴など美少女登竜門となり、住み替えのことを「リハウス」と呼ぶ一般用にもなった。

 同じように1人の少女によって、商品そのものが広く認知されたのは、広末子の「ドコモポケベル」だ。まだ新人でありながら、そのCMコピーは「広末子、ポケベルはじめる」である。

「当時15歳で、日本でいちばん制服が似合う美少女だった。ブラウスにしろ、スカートにしろ、かなりラフでルーズに着用している。その着こなしも新鮮だった。まさしく、マジする男たちが続出しましたよ」(前出・織田氏)

 公園タコ遊具から降りて来る姿は、「あわやチラリ?」の界線としても話題になった。もはや、絶滅種となった「ポケベル」だが、広末は今なお、3児のとなっても驚異的な若々しさをキープしている。

アサ芸プラス