伝統を誇る函館記念は荒れることで定評があり、党向きのハンデ戦である。

 02年に単が導入されて以降、これまでの16年間、単での万馬券が半数の8回も飛び出している(連では4回)。この間、1番人気は2勝(2着3回)、2番人気は3勝(2着2回)。下のところ、3年連続して単で万馬券になっており、一筋縄では収まらない一戦だ。

 今年もフルゲート(16頭)が見込まれており、どう転ぶかわかりづらい。まずは顔ぶれを見てみよう。実に多である。

 前戦の賞からは勝ったナイトオブナイツを筆頭に、クラウンディバイダ、ブレスジャーニーナスノセイカン、マイネハニーが使ってくる。最も着順が悪かったマイネハニーまで、コンマ4秒差。使ったことでいずれも体調が変わるはずで、そのうえハンデサジ加減もある。このあたりをどう吟味、判断するか。悩むところだ。

 他にも有と見られるは少なくない。昨年の札幌記念を勝ったサクラアンプルールや、スズカデヴィアストリコロールブルーなども人気の一に数えられよう。

 要は体調のよしあしを見極めるのが肝心。そのうえでハンデが決め手になるのだ。これまでを振り返ってみると、5557キロのハンデがよく連対していることを思うと、それなりに実績を重ねてきたの底は軽く見るべきではないということだ。

 年齢的にはどうだろう。充実ぶりを見せる5歳が最も多く連対しており、次いで4歳、6歳。このあたりはどの重賞も同じだが、しかしながら7歳以上の古が意外に善戦しているのも見逃せない。

 とにかく難解このうえない重賞と言っていいが、最も期待を寄せてみたいのはカレンラストショーだ。

 前走の新潟大賞典は2カ半ぶりの実戦だったが、重め感なくいい仕上がりだった。しかし、結果は12着。昇級初戦で初のオープン挑戦だったのがいたのだろう。いわば洗礼を浴びる格好だった。

 それでも、勝ちとコンマ6秒差だったことを思うと、それなりの高い評価を与えていいのではないだろうか。

 デビュー当時は420キロ台のひ弱なで、500万条件を勝ち上がるまで時間を要したが、勝ち上がりを決めた昨年1月以降の成績は【1】【2】【3】【2】【2】【1】【3】【1】【12】と、それまでとは一変し、安定した走りを見せるようになった。体重も今では440キロ台に増えて、パワーアップしたのは明らかだ。

 前走で大きく着順を下げたものの、それで軽視されるのであれば党としては好都合である。

 新潟大賞典後は、再度放牧。ここ標にしっかり仕上げられてきている。1週前の追い切りも文句なく、「まずは万全。前走以上の状態で臨めそう」と厩舎スタッフは口をそろえる。

 前走から2カ半ぶりとなるが、元来が駆けするタイプで不安はまったくない。

 スリープレスナイト(スプリンターズS)、ヒシアマゾンエリザベス女王杯)、アドマイヤムーンジャパンC)など、近親、一族に活躍が多くいる良血。良馬場なら大きく狙ってみたいだ。

 中のとしてあげてみたいのが、ゴールドサーベラスである。

 前走のエプソムC(7着)は、悪ながら後方から強な末脚を繰り出し、見せ場たっぷりの好内容。2000メートル距離が初めてになるが、「折り合い面に難はなく、血統からも問題ない」と、清水調教師は、むしろ歓迎の口ぶり。右回りスムーズで、“一発”があっていい。

アサ芸プラス