1987年開の映画ロボコップ』の続編が、『第9地区』などを手掛けたニール・ブロムカンプによって製作されると、Deadlineが独占で報じている。

 本作は、近未来のデトロイトを舞台に、ひん死の重傷を負った警官アレックスマーフィーサイボーグとしてり、犯罪者たちに立ち向かうSFアクション。『トータル・リコール』『氷の微笑』などのポール・ヴァーホーヴェン監督メガホンを取り、その後続編が2本製作された。2014年には、ジョゼ・パヂーリャ監督によるリメイク版も開されている。

 同サイトによると、ブロムカン監督の新作は『ロボコップリターンズ(原題)/ RoboCop Returns』と題され、1987年版の続編として製作されるという。脚本は、来年全開予定の『ターミネーター』新作映画も担当しているジャスティンローズが執筆し、1987年版の脚本を担当したエドワードニューマイヤーとマイケルマイナーがエグゼクティプロデューサーとして参加する。

 ブロムカン監督は、オリジナル版が当時子供だった彼に大きな影を与えたと同サイトっている。また『ロボコップ』の魅は、「人間同士のつながり」がストーリー上で描かれていることだとも明かしている。『第9地区』『エリジウム』などで独自の世界観を表現してきた彼が、オリジナル版の続編をどのように描くのか注だ。

 MGMが製作を担当する本作は、開日や製作時期などは現時点で明らかになっていない。(編集部・倉本拓弥)

30年以上の年月を経て、ついに続編が製作! - Orion / Photofest / ゲッティ イメージズ