【ソウル時事】朝鮮戦争(1950~53年)で行方不明になった米兵の遺骨返還をめぐり、12日にも予定されていた米朝協議は同日、開かれなかったもようだ。ポンペオ米国務長官は7日、平壌で同行記者団に12日の板門店開催を明らかにしていたが、「1、2日ずれることもあり得る」とも述べていた。

 韓国外務省関係者は12日午後、「開催されたという連絡は受けていない」と述べた。北朝鮮側が板門店に現れなかった可能性がある。

 一方、聯合ニュースは12日、韓国政府筋の話として、遺骨返還に関連し「北朝鮮が国連軍司令部の軍事停戦委員会に15日の(米国との)将官級会談開催を提案した」と報じた。国連軍側は米国防総省にこの提案を伝え、返答を待っているという。

 米朝は6月の首脳会談で、身元特定済みの遺骨の即時返還を含め、米兵の遺骨返還を進めることで合意。米側は北朝鮮が約束通り返還に応じるかどうかを信頼醸成に向けた判断材料として注視している。