台湾から西日本豪雨被災地への義援金2000万円の贈呈式が12日、東京都港区であった。駐日大使に当たる台北経済文化代表処の謝長廷代表が、対台湾窓口機関である日本台湾交流協会の谷崎泰明理事長を訪ねて目録を贈呈。「日台は自然災害が多いが、起きれば助け合うのが伝統。少しでも復興に役立てば幸いだ」と述べた。

 目録を受け取った谷崎氏は、蔡英文総統と安倍晋三首相がツイッターでお見舞いと謝意のやりとりをしたことを紹介。「捜索・救援活動が続いているが、今回の義援金と台湾の方々の心温まる強いメッセージを受け、一刻も早く復興を遂げたい」と応じた。義援金は日本赤十字社を通じ、被災地支援に充てられるという。

 台湾は2011年の東日本大震災で世界最大規模の200億円超の義援金を日本に贈り、日本も16年の台湾南部地震などに際して被災地を支援した経緯がある。謝氏は贈呈式後、記者団に「交流の最高の目標はいざというときに助け合うこと。日台はそういうレベルに達しており、これは『善の循環』だと思う」と強調した。