webサイト「ザテレビジョン」では、7月11日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

【写真を見る】石原さとみ&芳根京子の美人姉妹にイケメン過ぎる千葉雄大…究極の眼福ドラマか!

1位「コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命」(フジテレビ系)18128pt

山下智久が主演し、ドクターヘリに乗り込むフライトドクターたちを描いたドラマ。2008年に1st Seasonが放送されて以来、2009年にスペシャルドラマ、2010年に2nd Season、2017年に3rd Seasonと、大人気シリーズとなった。

誕生から10年を経て、7月27日(金)から劇場版が公開に。11日は都内で完成披露試写会が行われ、山下、新垣結衣、戸田恵梨香ら豪華キャスト陣が登壇。

山下は「10年間『コード・ブルー』を続けてきて、完成披露試写会というこの日を皆さんと味わえることをうれしく思います」とあいさつした。

試写会参加者のレポートの他、公開を待ちきれないファンから期待する声が続々と上がった。

また、イベント終盤には、1st Seasonからのキャスト5人が「真夏の日本縦断ツアー」と題し、7月21日(土)に札幌、名古屋、22日(日)に大阪、福岡の劇場を巡ることが発表された。

2位「高嶺の花」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)12446pt

野島伸司が脚本を担当し、華道の名門に生まれた月島もも(石原さとみ)と平凡な自転車店店主・風間直人(峯田和伸)の格差恋愛を描く純愛ドラマが7月11日にスタート。

第1話では、婚約者に裏切られ、結婚式当日に破談になったももが自信を失う中、直人と出会う様子が描かれた。

ももは、味覚と嗅覚を失うほどに深く傷つくも相手を忘れられず「こんな自分が嫌だ」と明かす。

それに対し、直人が母から聞いた話として「自分が傷つけられた時、怒る人と哀しむ人がいます。怒る人は憎む人です。自分は棚に上げて相手をただただ攻撃する」「哀しむ人は、愛の人です。静かにただ時を止めて哀しみます」

「愛してたら憎まない。憎めないんです。あなたのように。それは、ちゃんと愛がある、いい女だからなんです」と語った。このせりふは視聴者の心も大いに動かした。

その後の2人で朝食をとるシーンでは、ももの味覚と嗅覚が戻ったと思われる一瞬をせりふなしで描きながら、打ち解けた2人の優しい会話が続いた。

これに「名シーン」「美しくて泣けた」などの感想が相次いだ。

他にも、直人の同級生からクラスで1番(の容姿)だけど、学年では4番目くらいと言われてしまったももが、その後「学年で4番目って…。何なら“なりたい顔”1位っしょ! えっ? ワンチャンねぇから! おまえらにワンチャンあるわけねぇつっうの」とブラックに吐き捨てるシーンも大きな話題に。

「石原さとみが4位って…他のメンツが知りたいw」「ベスト3は誰なんだ…!」「さとみ様がおっしゃる通りです!」と、「世界で最も美しい顔の100人」にランクインする美貌を持つ石原を“フォロー”する声が上がった。

3位「ゼロ 一獲千金ゲーム」(7月15日[日]スタート、毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系※初回は夜10:00-11:25)5630pt

福本伸行の人気コミック「賭博覇王伝 零」を、NEWSの加藤シゲアキ主演でドラマ化。若者たちが1000憶円を賭けた命懸けのゲームに挑む。

7月11日に31歳の誕生日を迎えた加藤にファンから祝福コメントが多数寄せられ、本ドラマを楽しみにする声も。

撮影現場でも加藤が演じる役に合わせて、スチームパンクのハットがデコレーションされた特注ケーキで誕生日をお祝い。

加藤は「撮影中に誕生日当日を迎えられて、とても幸せです。31歳になりましたが、“零”役ということもあり、またゼロから初心の気持ちで頑張っていければと思います」と語った。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4~10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標(ザテレビジョン)

7月11日付「視聴熱」デイリーランキング・ドラマ部門TOP3