昨年からよしもとクリエイティブ・エージェンシーに移籍した、世界で活躍するパントマイムの二人組・が〜まるちょばツアーが、2018年7月12日(木)に東京・新国立劇場 中劇場で皮切りとなった。『サイレントコメディーJAPAN TOUR 2018』と題し、来年の1月5日(土)までに全23都市演予定だ。

活動19年を迎え、海外での活動も多く、とくにイギリスではいくつも賞を受賞している。今回は全編新作と気合を入れている。初日前会見では「ぜひ映像でしか観たことのない人にも来て欲しいです。お客さん参加の、劇場ならではの楽しめる仕掛けがたくさん!」と意気込んだ。

ケッチ!、HIRO-PON

ケッチ!、HIRO-PON

が〜まるちょばは2人組のパントマイマー。モヒカンスーツサングラストレードマークだ。モヒカンが、ケッチ!。細身で、女性役がある場合はその多くを担当している。金髪モヒカンHIRO-PON。いかつい男性からおじいちゃん手な役から地味な役までこなす。サングラスの一見コワモテにも見えるが、彼らの舞台では大での笑いが絶えない。

20年近く日本世界で活躍してきたが〜まるちょばには、たくさんの持ちネタがある。しかし、今回のツアー演の演5本はすべて新作。パントマイムを中心としたパフォーマンスや、ショートコントのようなものから、壮大な無声映画のような作品まで。休憩ありの約2時間。「が〜まるちょばの“頂”!」と、長年のファンにも、新しく出会うお客さんにも楽しみが募る。新作5本がどんな作品か、詳細は劇場でのお楽しみだが、このレポートで少しだけ紹介したい。

『が〜まるSHOWは見えないを押したり、らな場所で階段を上り下りしたり、存在しない縄跳びを飛んだりするパントマイムパフォーマンス。時には観客席に降りてきたり、観客をステージに引き上げたり(?!)日本語を一切使わず、表情や「うん?」「あ〜あ〜」などのだけで観客席とコミュニケーションをとる様子は、日本語を話すよりもストレートに伝わる。「お客さんの反応を見ながらやります。二度と同じことは起こらないので、たちも楽しみです」とのこと。二人のやりとりもアドリブがとても多いので、何回見ても違うステージになる。

スカボロフェア』は、ギターリコーダーが登場。サイモン&ガーファンクル名曲スカボロフェア」に乗せたパフォーマンスだ。物憂げなメロディが笑いを誘い、横隔膜をくすぐられているような感覚に身がよじれて思わず笑顔に。

『「マイム!」のおにいさん』では、公園パントマイムを披露するようなお兄さんが登場。前の二つとはまた違った笑いが体験できる。二人は今回の新作ツアーに当たり、これまで笑いをとってきた美味しいギャグをいかにアレンジするかが苦労の一つだったそうだ。

原点回帰。結成当時は(パフォーマンスの中でも)笑いのパーセンテージを高くしていこうとしていましたが、最近は泣けるパフォーマンスも増えてきました。今回は原点に帰って、楽しく笑えるものを入れ込みました。19年リスタートです」「一周回って戻ってきたけど、19年の経験があるから、同じ場所にいるわけじゃないですよ」と、笑いへの意欲を見せた。

メール手紙』では、これまた公園ベンチらしきところでふと出会う、女子高生おじいさんの交流に胸が温かくなる。笑いだけでなく、ほろりと涙させるような作品も多いが〜まるちょばの魅も感じられる。

休憩を挟み、『が〜まる7(セブン) 』は映画を見ているような長めの一作。ドラマティックな展開を、音だけですべてサイレントで見せる量はさすがだ。

会場ではDVDも販売しており、今回の舞台を観るにあたって映像チェックしてくる方もいるだろうが、女性役を担当することの多いケッチ!は「女性役でもアップになるんですよね。劇場で女性を演じるときは「遠くからだと可く見えてきた」と言われるんですけれど、映像だと・・・」と苦笑い。動きが綺麗なので、遠で観るととてもしなやかだ。ノーメイク男性が綺麗な女性に見えるのも、劇場マジック。今回は客席も巻き込んだパフォーマンスも多く、生だからこその体験が散りばめられている。客席でもうかうかしてはいられない。

会見中HIRO-PONは何度も「一人で観るのもいいけれど、友達家族と観て、感想を言い合ったらきっと楽しいと思います」と が〜まるちょばの楽しみ方を念押しした。確かに、作品を観終わるとかと楽しさを共有したくなるような感覚がこみ上げてくる。

2017年4月から、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属。これからは映像への出演や、他のよしもと所属芸人とのコラボレーションも増えそうだ。さらに「より海外を入れたい」とを入れる。

8月には、ヨーロッパ世界三大演劇祭の一つ、スコットランドの「エディンバラフェスティバル」にも参加。これまでにも何度も出場しており、スコットランドでもファンが多い。1ヶほどヨーロッパパフォーマンスをしたのち、9月からまた今作の日本凱旋演隣、日本国内の他都市をまわる。

日本海外と、言葉のを軽やかに飛び越えるサイレントパフォーマンスが〜まるちょばとして活動の幅を広げるとともに、日本初の笑いのエンターテイメント世界中に発信してしてくれるだろう。

(取材、文、撮影/河野子)

が〜まるちょば『サイレントコメディー』