“荘厳なライティング”と話題の電子レンジについて、製造元のパナソニックに取材した。

凝った照明の電子レンジが話題

Twitterにこのほど、内部のライティングがとても凝っている電子レンジ写真投稿された。

投稿した大輔@d_hoshida)さんは、「温めているあいだ一般庭にあるまじき荘厳さを醸し出してくる」とコメント

自宅の淡いオレンジ系の照明電子レンジ内に「しいギャップ」が生じてしまったそうだ。

星田大輔(@d_hoshida)/Twitter

大輔@d_hoshida)/Twitter

ツイートネット上で「なんか芸術的」「々しい」「太陽に照らされた宇宙みたい」「まるでCM」「中に映像投影しているようにも見える」「影の支配者みたい」と話題に。

10日間ほどで5万7000いいね!を集め、2万回以上リツイートされている。

広報「中の様子を確認しやすいように」

パナソニックの広報担当者に話を聞いた。

—–なぜ、このようなライティングに?

レンジご使用中に中の様子が確認しやすいように、LEDランプの波長、度、設置位置、またLEDランプと庫内との位置関係など検討し製品化しております。

—–ライティングに凝った電子レンジの開発は、いつ頃から始めましたか?

ライティングに凝っているのかどうかはわかりませんが、30Lシリーズ2013年、今回話題になっている26Lシリーズ2014年よりLED照明化しています。

LEDは今までの照明と違い、く美しく見せることができます。

—–すべての電子レンジが同じようなライティングですか?

LEDを使用しているのは30Lと26Lです。

30Lは2、26Lは1と使用している数が違うので、見え方は若干違うかもしれません。

いかなる場合でも見やすいように調整

—–ネット上で話題になっていることについて、コメントをお願いいたします。

当社としましては、お客様が使用される可性のある器(碗や皿)を庫内に入れた場合と、皿を上段・下段に入れた場合、といかなる場合でも食品が見やすいようにとLEDランプの波長、度、設置位置、LEDランプと庫内との位置関係を調整したまでなのですが、今回このような評価を頂き、話題になっていること喜ばしく思います。

—–最後に「電子レンジ」に込める思いを、教えてください。

「忙しい平日もできたてのごちそうを食卓に」

このコンセプトのように、電子レンジで皆様の食卓を手軽に豊かにするお手伝いをしたい。この想いで、事業部一丸となって開発をしています。

これからも応援よろしくお願いいたします。

パナソニック製電子レンジの照明が“荘厳”と話題!同社「食品が見やすいように調整したまで」